グーグル、NYの中心街のビルを2300億円で購入へ「Googleの未来は社員の共同作業にかかっている」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、グーグルでは在宅中心の勤務が長期化している。だが、ルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は「より柔軟な働き方に移行する中で、実際に集まって共同作業をすることはグーグルの未来に重要な役割を果たす」とし、オフィスへの投資を続けることを強調した。

続きを読む

ネットでは

テレワークはいいと思うけど、やることが決まっている場合だけ良いのだと思う
新しいものをつくたり、まだ落ち着くまでの過程にあるときは
集まってやることがやはり重要だと思う

テレワーク歴1年半以上になるが、最近、組織に属しているのかどうかよくわからない時がある。

グーグルのように勢いがあって利益が出ている会社は資産が購入できて、電通やJTBのように自社ビルの資産を売却してまで資金を調達する会社もある
これが勢いのある会社と以前の資産を処分して生きながらえる会社との違い
日本の会社で勢いのある会社などなくて、電通みたいな会社ですら守りの経営をしている

自分もやはり、テレワークには限界があると思います。もちろん良い点も多いですが、同僚とのちょっとした会話がしにくく、遠くの会話も聞こえず、偶然の同僚との出会い頭の会話などもできず。コミュニケーションツールも進化して便利だけど、こういうことって難しいなと。

ビッグテックはコロナ禍以前よりリモートワークを実験し、その結果「やはり物理的に出社させた方が良い」と判断・以降は社員たちのオフィス滞在時間を如何に伸ばすかという点に注力してきました。

まさしくケースバイケースってやつですな
価値を生み出す過程は業種や職種によって違うのはもちろん、同じ会社内でも部門によって異なるし、さらには人それぞれ働きやすい形態ってのがありますもんね
どちらかに寄せるのではなく、個人がある程度裁量を持ってテレワなのか出社なのか決めれるのが理想ですよねー








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加