スマホ買い替えがカギ?三大キャリアの苦肉の策とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

携帯通信大手各社がスマートフォンの買い替え需要の喚起に腐心している。NTTドコモは、消費者が分割払いで購入したスマホを返却することで残価額の支払いが不要になる枠組みを24日に導入。KDDIも残価設定型の端末購入プランの条件を見直した。両社とも米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の最新機種を24日に発売することを念頭に置いており、端末販売の加速につなげられるか試される。
 「iPhoneの購入者は、(最新機種が登場する周期の)1年で替えるニーズもある。今回、(分割払いが終了するタイミングよりも)早く購入したい人にも利点がある設計にした」―。ドコモの山本明宏営業戦略部営業戦略担当部長は、「いつでもカエドキプログラム」を24日に始める背景をこう説明する。
 同プログラムは、消費者が残価設定型の24回分割払いで購入した機種をドコモに返却すると、返却タイミングに応じて特典を受けられる仕組みだ。例えば23カ月目に対象端末を返す場合、24回目に設定された残価額の支払いが不要になる。1―22カ月目に返却する場合、23回目までの分割支払金に関しても、ドコモがあらかじめ定めた額を毎月割り引く。
 従来、ドコモが展開してきた「スマホおかえしプログラム」は、36回分割払いで購入したスマホを返却することが条件で、支払いが不要になる分割支払金も最大12回分だった。早期にスマホを買い替えたい人にとっては、いつでもカエドキプログラムの方が、利点が大きいと言える。 携帯通信各社はコロナ禍で2021年3月期の端末販売が伸び悩んだ。22年3月期は巻き返しを見込むものの、高機能なスマホの普及が一巡した現在、全体的に買い替え周期は長くなっているとの指摘もある。消費者を過度に囲い込む行為は慎みつつ、新機種の購入をどれだけ後押しできるかが問われる。

続きはコチラ

ネットでは

キャリアは通信に特化すればよろし。
端末は家電と同じように消費者がそのへんの家電店で自由に選んで買えるのが本来の形。

お金がある人はどんどん買い換えれば良いけど7万とか払って手元に残らない買い物は高いと思う。

最近、周りはiPhone離れが増えてる
高いからAndroidに変更する人が増えてる
せいぜい5万で買えるスマホで十分

個人的な意見として。
ここ数年の新商品の流れを見ると、一部のハイエンドを除くとカメラ機能向上をうたい文句にする端末ばかりです。

劇的な進化が期待できない以上、メーカーに踊らされることなくマイペースで代替わりしていけばいいんじゃないの?

通信会社は通信だけを取り扱うべきで、端末はパソコンなど他の家電と同様に単体で販売されるべきです。

スマホの買い替えも話題性もあるから、まめに変える人いたけど前ほどもの新しさがないからネタ代にしては高くつくようになった。バッテリーの持ちが無くなったら交換という人がいるが、バッテリー交換5000円前後だし後1.2年は問題なく使えるよ。個人的には最新機種なら3年は使いたい。ヘビーユーザーの方はお好きにどうぞ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加