docomoで契約解約金が廃止に。キャリアの意味が問われる時代に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

NTTドコモは、定期契約の料金プランなどに設定している「解約金」と「解約金留保」を10月1日に廃止する。また、現在提供中の2年定期契約プランの新規受付を、9月30日で終了する。
解約金は、1年または2年の期間を定めて契約する料金プランで、料金プランによって2年契約で1万450円、1年契約で3300円設定されていた。
 解約金留保は、定期契約プランから定期契約なしプランに変更した場合に、変更前のプランの契約満了月まで解約金が留保されるもの。
 10月1日以降、5G通信とXi、FOMAサービスの「解約金」と「解約金留保」の支払いは免除される。ドコモ光は対象外。
 なお、「ずっとドコモ割コース」ユーザーが2年定期契約を更新した際に付与している「更新ありがとうポイント」は、10月1日以降に満了する分から付与されない。
 ドコモでは、定期契約プラン終了後も、個人ユーザーは「dカードお支払い割」で、法人ユーザーは新設する「ビジネスメンバーズ割」(ドコモビジネスメンバーズ加入で月187円割引)で定期契約プランと同水準の金額まで割引されるとしている。

続きを読む

ネットでは

解約金留保があったのは、ドコモだけでしたからこの流れは当然だと思う。半面、2年毎に3,000Pのありがとう!ドコモポイントが付与されていたから、長期利用者への優遇がなくなってしまう事を考えると何かしらのサービスを考えてほしいところ。

2年契約以内の解約金はいいけど、2年以上使ったのに更新月以外解約金を払うシステムは廃止してほしいと思ってたな。

更新ありがとうポイント無くなったのは、長期利用ユーザーへのいじめだな。実質値上げ。

二十年近くドコモを使ってましたが先月解約しました。もちろんしっかり解約金も取られました。今後多少料金が安くなったとしても二度とドコモは使いません。

9月で二年満了だから、ギリギリポイントは貰えるってことかな…。ただ、自動的じゃなくて、申請しなきゃ貰えないから、貰い損ねてる人も結構いたんじゃないかなって思います。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加