JR東日本さん、刑務所からの出所者と仮出所の検知する顔認識カメラを駅に導入してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

JR東日本が7月から、顔認識カメラを使って、刑務所からの出所者と仮出所者の一部を駅構内などで検知する防犯対策を実施していることが、わかった。必要に応じて手荷物検査を行うとしている。刑期を終えた人らの行動が監視、制限される可能性があり、議論を呼びそうだ。

JR東や関係者によると、検知の対象は、〈1〉過去にJR東の駅構内などで重大犯罪を犯し、服役した人(出所者や仮出所者)〈2〉指名手配中の容疑者〈3〉うろつくなどの不審な行動をとった人。

JR東は、これらの対象者の顔情報をデータベースに登録。主要110駅や変電所などにはネットワーク化されたカメラ8350台が設置されており、映った人の顔情報と登録された顔情報を自動照合する。実際に使用するカメラの台数は公表されていない。

JR東は以前から、事件の被害者や目撃者、現場管理者らに加害者の出所や仮出所を知らせる「被害者等通知制度」に基づき、検察庁から情報提供を受けている。〈1〉については情報が提供された際、JR東や乗客が被害者となるなどした重大犯罪に限って氏名や罪名、逮捕時に報道されるなどした顔写真をデータベースに登録する。痴漢や窃盗などは対象外で、9月初旬時点で登録者はいないという。

不審者や指名手配者も含め、対象者を検知した際は、警備員が目視で顔を確認したうえで、必要に応じて警察に通報したり、手荷物を検査したりする。

続きを読む

みんなの声

当然でしょうね、むしろ世の中がそれを望んでいますよ。痴漢など再犯率が高いにもかかわらずいつまで経っても撲滅できない。犯罪が起きてから対処するより起きないように防止することが大事。本人の同意とか設置場所の公開とか抑止力を無くしてどうする。マスコミは否定する偏向した意見だけを取り上げるが、世の中を良くしていこうといった気構えが全くないのだろう

再犯率の高い性犯罪者や指定暴力団員、麻薬・覚醒剤取引に関わった人物を対象に登録すべきだ。防犯カメラが犯罪解決に繋がっている実績や犯罪抑止力に繋がっている実態を見ると必要だろう。犯罪を犯した者が刑期を終えて出所した後も監視されていると言う事を認識させれば、犯罪に手を染めなくなる可能性が低くなると思う。

まあ、本来は自分らだけで問題なくやっていければいいのだろうが、導入によって心理的にやっても意味がない環境を作り出すとか効果はそれなりにはあるだろうし、捕まえる側からしたらこういうシステムを導入していった方が圧倒的に楽で効率いいし、公共の福祉という大義で変な使われ方をしなければ今後はこういう事が当たり前になってくるんかね。この前の硫酸事件でスピード解決に繋がったのもこれのお陰か。

たいへん結構なことだと思います。テロ防止の観点からも、JR東だけではなく、学校、病院、遊園地、スポーツ会場などでもぜひ導入していただきたい。

前科者の再犯率の高さを考えると極めて妥当だと思います。特に性犯罪者などにきちっと対処できそうですね。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加