三連休の中日に中央道下りで30キロの渋滞 「連休がある度に感染拡大リスク増大」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

緊急事態宣言が再び延長された中、迎えた3連休。中日となる19日、関東地方の高速道路の下り線では渋滞が見られています。 日本道路交通情報センターによりますと、19日午前10時半現在、中央道の下りで30キロ、東名高速の下りで18キロなどの渋滞となっています。

関越道の下りでは、事故により東松山インターを先頭に35キロの渋滞が発生しています。 また、携帯電話の位置情報の解析によりますと、18日午前8時台の都内の人出を1週間前と比べると、羽田空港第1・第2ターミナル駅で93.9パーセント、品川駅で22.5パーセント増加していました。一方、データが公開されている22地点のうち19地点で人出が減少していました。

続きを読む

みんなの声

うわ..やっぱり。休み明けに感染者増えるじゃん。この2年間同じ事の繰り返し。

これでまた感染者が増えて同じことの繰り返しで感染したらしたで怖いだの後遺症だのとか抜かしてしまうんですね。それで同情引いて。

もう分かってるでしょ?感染者増える原因は行政だけじゃないって。基本を守らない人達も原因なんですよ。

「台風は去ったし、きょうは天気もよい。よし、出かけるとするか。」天気は気にしてもコロナは気にしない人の多いことよ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加