トヨタ国内の14拠点での生産を停止→新型コロナ禍による「トヨタ生産方式」の限界か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

トヨタ自動車は17日、既に明らかにした来月の減産計画の詳細を発表した。

 国内14工場27ラインで最大11日間の稼働を停止する。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品調達の遅れを受けたため。SUBARU(スバル)も国内工場の稼働休止期間を延長した。
 トヨタの減産計画では、来月に国内外の生産台数を当初計画から約33万台引き下げる。このうち国内分は約15万台。今月に続いて大幅な減産を強いられる。
 対象となるのは、全14工場28ラインのうち27ライン。子会社トヨタ車体の吉原工場(愛知県豊田市)は、第1ラインを10月1~15日のうち計11日間休業する。新型のスポーツ用多目的車(SUV)「カローラ クロス」を造る高岡工場(同)の第1ラインは、計9日間操業を止める。

続きはコチラ

ネットでは

トヨタ生産方式とか言っているが、もう時代が変わったのかと。
災害などでも休業することが多くなったし、トヨタ生産方式は(トヨタ以外)生産性が悪い。

製造業は下請けと言えどラインを停めていない!! なのにカーメーカーは部品調達出来ないでアッサリ停める! 下請けには停めたら補償責任だと言うが自分達は良いのか?
生産計画を守れないなら補償するべきだ!!

部品調達が難しいのは車産業だけではない。
住宅や電化製品だって同じ。

結局JITは聞こえは良いけど、自社は在庫を持たない反面、下請けに在庫を抱えさせてだけなんですよね。

トヨタは受注生産で注文が見えた時点で納期2年後などと回答出来るからいいよね。

半導体不足が原因!日本の半導体事業を衰退させた無策の日本政府の責任重大。まだ、間に合うので、多額の資金を国として日本の残された半導体企業に投入して、日の丸半導体事業の復活に取り組むべき。

それもこれもすべて台湾にある中国企業TSMCに半導体を委ねたせい。

かつて勤務していた会社はトヨタ生産方式を導入していたが、それ以前より現場がギクシャクし始め、退職者が続出(俺もそのクチ)…。

カンバン方式が諸悪の根源。
この物不足の中。
頭悪いんですか?最低でも2ヶ月位在庫もたないと。
業界人ですが、そもそも部品の元となる素材からない。

半導体に加え自動車用鋼板もタイト化。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加