任天堂の人気ゲームSwitch本体のアップデートによりBluetoothイヤホンの接続が可能になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
画像は来月発売の新モデルSwitch OLED(有機EL)

任天堂は9月15日、ゲーム機「Nintendo Switch」をBluetooth オーディオに対応させる本体更新「13.0.0」の配信を始めた。Bluetoothオーディオ対応はユーザーから待望されていた機能の一つ。「神アプデ」と歓迎する声は多く、15日朝のTwitterで「神アプデ」がトレンドに入った。 Bluetoothヘッドフォンやイヤフォン、スピーカーなどをNintendo Switchと接続して使える。本体更新で「13.0.0」にアップデートし、設定すれば利用可能。マイク入力には対応しない。Bluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までになる。ローカル通信との併用もできない。

続きはこちら

ネットでは

神アプデよりも、Joy-Conをこわれにくくしてほしいです…

BTヘッドホンを使いたかったので、これは良いアプデ。
しかし、後から本体更新するだけでそういうことって出来るようになるんだな…。

外で持ち運んでプレイしないで家でTVにつないでプレイする派だから今のところ使わないかな?
それよりもジョイコンを何とかしてほしい。

ゲーム機にSBCコーデックではちょっと遅延が気になる。ノベルゲーみたいなジャンルなら気にならないけどアクションやシューティングゲームのようなジャンルだと遅延は致命的なのでaptX LLまでとは言わないけどaptXは対応して欲しいところ。

先程アップデート完了。Bluetoothイヤフォンも問題無し。
使用時はコントローラ接続数が2つまでと制限がありますが、問題ないですね。そもそもイヤホンを使用する場合は一人プレイがほとんどですので。

SBCかぁ〜
ないよりマシって感じだろうね








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加