リモートでも勤務時は禁煙するべき?自宅勤務の線引きとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

野村ホールディングス(HD)が在宅勤務者も対象として、就業時間中は全面禁煙とする施策を発表し、話題を呼びました。
勤務時間中だけ禁煙にしたところで、その分勤務時間外に吸うタバコの本数が増えてしまえば意味はありません。また、健康を害するものは喫煙だけとは限りません。運動不足や深酒、睡眠不足なども影響します。もし会社が社員の健康を本気で管理しようとするなら、社員の生活にまで踏み込まなくては実効性は見込めません。
それに対し、組織の統制という観点においては、企業秩序を維持する意味での利点はありそうです。タバコはコーヒーや紅茶のような、嗜好品の一種です。在宅であっても勤務中なら通勤時と同じく禁煙というルールを定めて区別しない方が、組織内で不公平感は生じないはずです。また、少しうがった見方をすれば、在宅勤務者も含めて禁煙要請することで健康経営の推進に敏感な株主や投資家たちに対するアピールとなり、好意的に受け止めてもらえるかもしれません。

続きはコチラ

ネットでは

優秀な学校は校則も緩い
いちいち規則を設けて管理する必要がないからだ
こんなくだらない規則があるこの会社はそういうレベルってこと

野村は「社員を監視するつもりはない」とコメントしているし、実際、監視することは不可能だろう。
ということで、「在宅勤務中も禁煙」という規則を設けたところで吸いたい社員は吸うだろうし、実効性はほぼないと思う。

野村證券っていう比較的優秀とされる人が入社する会社でも 子供みたいな扱いをしないといけない社員しかいないということだと思う

非喫煙者ですが、会社の業務中に離席して喫煙している人たちもいますが、成果や仕事がきちっと完結していれば問題ないと考えています、喫煙中は休憩で不公平だというのは労働時間に重きをおいている人の考え方で従来から日本型雇用の典型です。

正直、うるさい規則かなー。
非喫煙者の私も、トイレやらコーヒー買いに行くなどの離席はありますから、喫煙者がタバコ休憩しに行く事をうるさく言えませんね。

そもそも星野リゾートみたいに入社の条件として非喫煙者に限るって事にすれば、このような規則は要らない。非喫煙者のみの会社、全員喫煙者のみの会社って別れてくれば良いのではないかな。僕は非喫煙者のみの会社で働きます。

個人の自由にしてよい領域に平気で踏み込んでくることに違和感や疑問を持たないことが根本的な問題。他人事だから「キモい」の一言で済ませていられるが、自分の周囲にこういう異常な上司・管理職がいたとしたら、さぞかしストレスフルな毎日だろうなと思う。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加