市川海老蔵の息子・勸玄くん(8歳)、自腹で「ルイ・ヴィトンの10万円のハットを購入」←ヤフコメ民の嫉妬がヤバいと話題にw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

市川海老蔵は伝統芸能の担い手でありながら、SNSでの情報発信にも熱心だ。

「ブログは毎日更新していますし、インスタグラムのアカウントも開設。ユーチューブにもチャンネルを持っていて、動画で娘や息子の様子を紹介しています。舞台では見せない柔らかな表情で、溺愛していることが伝わってきますよ」(スポーツ紙記者)

 海老蔵の長男・勸玄くんは’20年に八代目市川新之助を襲名し『外郎売』で初舞台。長女の麗禾ちゃんは8月に日本舞踊の名跡である四代目市川ぼたんを襲名した。

「海老蔵さんは麗禾ちゃんに女優になってほしいと考えているようで、’20年には『初春歌舞伎公演』で親子3人での出演を果たしています」(同・スポーツ紙記者)

10万円を超えのハットを“自分で”購入した勸玄くん
 仕事面だけでなく、親として家庭での教育にも熱心な姿勢を見せている海老蔵。自身のユーチューブでは子育てについてこんな発言もあった。

「食事、お金の話、会社・企業の話、日本という国の話、世界のシステムの話、あとは性教育ももう話さなきゃいけないじゃない。全部親ができる会話は話している。もうちょっとしたら納税の話をしようかなと思っている」

 おしゃれなことで知られる海老蔵は、子どもたちの服にも気を遣っている。

「インスタグラムにアップされている勸玄くんの洋服は、8割がラルフローレン。お気に入りのリュックはグッチです。麗禾ちゃんも13万円のグッチのバッグを愛用しています。海老蔵さんはルイ・ヴィトンのアンバサダーを務めるファッショニスタですから、センスは抜群です」(前出・スポーツ紙記者)

 8月の半ば、海老蔵は勸玄くんを連れて渋谷のルイ・ヴィトンを訪れていた。

「サングラスをかけた勸玄くんは、帽子を探していたようでいくつか試着していました。その中で青いバケットハットが気に入ったようで、彼がレジに持っていきました」(居合わせた客)

 ハットはなんと10万円を超える高額商品。だが、支払いをしたのはまさかの勸玄くん自身だったという。

「海老蔵さんは、息子さんに自分の稼いだお金で物を買うという経験をさせているみたいです」(歌舞伎関係者)

 ちょ、ちょっと待って。8歳の子どもに10万円以上の稼ぎが!? だがそれはどうやら本当のようで、

「勸玄くんも舞台に上がっているので、立派に収入を得ています。海老蔵さんはブログで、子どもたちからお寿司をごちそうしてもらったことを明かしていましたしね。このときも《格別だーありがとう》と大感激していましたよ」(同・歌舞伎関係者)

 幼くして、セレブ生活が板についている勸玄くん。父・海老蔵のような大物になるには、このぐらいの豪快な感覚を持つことが必要なのかも。

続きを見る

・先が思いやられるな。
ちゃんと子育てしよーよ。

・その年でグッチのリュックや高級ハットとかかぶっていたら、ちょっと浮くよね。

・これは無いな。
海老蔵さんも結局こういう感覚なんだよな。
親が世間とのズレを知らずに育てば子育てもそりゃそうなるよ。子供が自分で気づくことはできるから願わくば大人になる前に自分で気がついて欲しいね。

・いいんだよ、お金があるなら子供にブランド品を持たせたり着せたりするのは。それにあーだこーだ他人が口出すことじゃない。
でもね、毎年やってる海老蔵のドキュメント…コロナの前の忘年会だか新年会で、お弟子さん?よくわからんが、海老蔵が金出して屋形船でやってたよね。
そのとき屋形船なのに、なぜかどっかでテイクアウトして来た弁当食べさせてたのよね。
屋形船なんだから、屋形船でコースごはんでも食べさせてやればいいのに、弁当って…。
しかもその弁当も、どっかの高級幕の内とかじゃなくて白いプラスチックに入ったカレーだった…。
子供に買い与えるのはいいけど、だったらもうちょっと良い弁当食べさせてあげて下さい…

・歌舞伎なんて補助金なかったら衰退産業の大赤字でこんな裕福な生活できないのに何を勘違いしているんだろうね

・これって補助金として俺らの税金から出てるんだよね?なら文句言う権利あるよね








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加