ひろゆきさん、「敵地で電磁波兵器の機械に高圧電源を繋げるつもり?」→知識不足で論破されてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

自民党総裁選に出馬する高市早苗前総務相(60)が〝電磁波兵器〟保有に前のめりだ。

高市氏は10日放送のテレビ朝日の番組で、弾道ミサイルを相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力」の保有をめぐり「敵基地を一刻も早く無力化した方が勝ちだ。使えるツールは電磁波や衛星ということになる」と述べた。  

続けて「向こうから発射の兆候が見えた場合に限る。こちらから仕掛けたら駄目だ」と強調した上で「強い電磁波などいろいろな方法でまず相手の基地を無力化する。一歩遅れたら日本は悲惨なことになる」とも断言した。

斬新な〝電磁波〟を使った自衛手段にネットは沸騰。「SF映画の世界」「本当に可能なのか」「実現できたらすごい」と様ざまな声が飛んでいる。 そんななか、別角度から持論を展開したのが実業家のひろゆき氏(44)だ。11日までにツイッターを更新し「電磁波は発生させた場所が、一番大きな被害を受けます。日本国内で電磁波を発生させると、被害を受けるのは日本人です。敵地に電磁波を発生させる機械を持ち込んで、高圧電源を繋げるおつもりですかね?」と指摘した。

続きを読む

ひろゆきさんのツイート

みんなの声

ひろゆきは、理系の話はやめといたほうがいいかと・・・最近だと、虚数の話とか、位置エネルギーの話とか、Youtubeで話しているのを見たけど、この人は理系の抽象的概念を受け付けないタイプの頭をしていると思う。ちなみに、ウェブサービスを作るのは、必ずしも理系の頭は必要ないですから。

衛星からの敵国設備に対する特定周波数の妨害派照射などは容易にできて費用対効果が高いので現実的。米露中は実用化済み。ひろゆきは不勉強。

最近なんにでも嚙みついてるけど、わかんないことは黙ってればいいのに。こういう言い方も売り方なんだろうけど、メッキがはがれた今ではもう敵を作るだけだし。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加