千葉県警が公式Vtuberの動画をフェミニスト団体の抗議により削除→管理人(女性)「逆に女性蔑視だろ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

千葉県警は10日までに、ツイッターやYouTubeで公開していた子ども向けの交通ルール啓発動画を削除した。全国フェミニスト議員連盟から、動画に出演しているVチューバーの女性キャラクター「戸定梨香」について「おへそが見えている」「動くと胸が揺れる」「スカートの丈が短い」といった点を挙げ、「女性蔑視にあたる」「性的で不適切だ」との抗議が寄せられたことが理由だという。同キャラを管理する「Art Stone Entertainment」代表の板倉節子氏が11日、よろず~ニュースの取材に対応。全国フェミニスト議員連盟の抗議に対して反論した。
 板倉氏によると、「戸定梨香」は昨年春に誕生し、約1年半稼働してきたが、「性的であるという指摘を受けるのは初めて」だという。全国フェミニスト議員連盟からの抗議については「警察の皆さんと相談して作った作品ですし、アイドルのキャラクターとして、実際に放送されているアニメや、実在のアイドルさんの衣装を参考にしています。この見た目が性的で不適切なら、アニメやアイドルさんも不適切ということになるのでしょうか」と反論。「たった一声で削除してしまうというのは、どうなんだろうと思わざるを得ません」と語気を強めた。
 さらに板倉氏は「一番は、女性としての問題を訴えてくるのでしたら、私は女性ですし、女性として悔しい思いもたくさんしてきましたから、女性の地位を確立したいというは同じ。100か0かではなく、お互いに歩み寄れば解決方法はあったと思うのですが、そこをどうしてやってくれなかったのか。直接こちらに連絡をせず、警察に削除を求めるというやり方は疑問です」と続けた。
 今回の削除を受けて「戸定梨香は松戸市のご当地Vチューバーとして活動してきましたが、今後は松戸市と関わって何かしていくのが難しくなってしまう。そのためにみんなで頑張ってきたのに、今までの私たちの松戸に対する思いや、やってきたことを否定された気がして…」と板倉氏。「見た目をとらえて、本来の作品の意図に目を向けずに活動を抑制することは、それ自体が逆に女性蔑視ではないのでしょうか。本当に女性のことを考えての行動なのかという疑問はありますね」と忸怩(じくじ)たる思いを吐露した。
 板倉氏は、千葉県警側の対応には一定の理解を示しつつ「今後同じようなこともでてくる可能性がある」と、行きすぎた規制の動きを危惧。動画は公式YouTubeには残すとし、「声を上げないまま、毎回消されて終わりというのは良くない。賛同して下さる方もいらっしゃいますし、声を上げることが大事だと思います」と言い切った。

続きを読む

ネットでは

女らしさは罪なんやろ?知らんけど

イチモツを揺らつかせるVチューバーを同時採用しないとだめだっていってるじゃん

女の敵は女ということですね。

しょーもないなー








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加