総裁選出馬予定の河野太郎さん、ロックダウンの法整備を検討すると表明→経済に大ダメージで効果がないと非難殺到まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

自民党総裁選(29日投開票)に出馬表明した河野太郎ワクチン担当相は10日のフジテレビ番組で、首相に就任した場合、新型コロナウイルスのワクチン担当相を専任で置かない可能性に言及した。「きちんとしたシステムを作って自治体と意思疎通ができれば、専任の接種の担当相はいらないかもしれない」と述べた。

河野氏は「10月から11月の早いうちに希望者への2回接種は終わる。3回目のブースター接種の議論が行われているが、2回接種のだいたい8カ月後だ」と理由を語った。 コロナ対応に関し、ロックダウン(都市封鎖)法制を検討する考えも表明。

「補償とセットで、政府にどれだけの権限を与えていただく必要があるか、その議論をエビデンス(証拠)に基づいてしっかりやっていきたい」と語った。 「すぐにやるという意味ではなく、本当に必要なときに、それなりの強い対応ができる権限を政府に与えていただく議論は必要だ」とも述べた。

続きを読む

臨時の☆☆担当大臣を作るのはおかしいからね。総理がちゃんとやりゃ良い話。五輪担当大臣もいらなかったし、少子化担当大臣もいらん

いらないかも、ではなく、要らない。そもそも厚労相・省が普通にやること。垣根の問題あれば普通に首相が関係各相・省に連係を指示すれば良いだけ。

ワクチン担当相もコロナ対策担当相も、本来は厚労相が担当すべき役割。「船頭多くして船山に上る」のことわざ通り、担当相を乱立させたせいで「権限の分散」が起きて対策の効率が著しく低下した。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加