河野談話と女系天皇を容認する河野太郎さん、ネトウヨたちの怒りの声噴出 「功績を敢えて言うならハンコ?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

河野太郎行政改革担当相(58)は10日に自民党総裁選(17日告示、29日投開票)の立候補表明を行う。党内ではこれを受けたネット上の悪印象に「〝負のイメージ〟が付き始めた」と動揺が走っている。

河野氏といえば、政治家一家に生まれ育った〝政界サラブレッド〟で知名度が抜群。SNSで自身の政策発信を続けており、党内の若手議員を中心に人気を集める。  ところが河野氏の立候補表明をめぐっては9日、ネット上で「功績がない。あえて言うならハンコ? 左寄り思想が目立ちすぎで、日本を守りたい意思が感じらない」「反原発、女系天皇容認、移民受け入れのリベラル派」と〝正体〟についてのコメントが目立ち始めている。  

党内ではこれらネットの声を注視。総裁選期間中まで続けば「ガタッと来るかもしれません」(自民党関係者)と警戒しているという。 「週刊誌でエネルギー庁の幹部職員を怒鳴りつけた〝パワハラ疑惑〟が報じられた。ネットではネガティブに受け止められていますね」(同関係者)  総裁選に向けて〝ポスト菅〟をめぐる動きはすでに立候補を表明した岸田文雄前政調会長(64)と高市早苗前総務相(60)が水面下で支持を広げており、混戦模様だ。

続きを読む

みんなの声

移民受け入れは大反対。もちろん色々複合的な要素はあるが、、、間違いないことは、安い労働力をいれればいれるほど、日本の一般的な国民の所得はあがらない。もちろん逆に経営者は移民歓迎なのだろう。

最初は河野氏を支持していたが、ワクチンも含めたコロナ対策は国がリーダーシップ発揮できずに地方に丸投げだし、無責任発言も多いからなぁ。

反原発を封印した事で、この人の立ち位置はわかった。自説を説明なくひっくり返す行為は言葉の商売では致命的。権力を手にしたらこの手はヤバい。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加