サントリー社長さん、「45歳定年制で会社に頼らない姿勢が必要」→人材を切り捨てるのかと批判殺到で炎上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。

新浪氏は政府の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)の民間議員を務めるなど論客として知られる。  

政府は、社会保障の支え手拡大の観点から、企業に定年の引き上げなどを求めている。一方、新浪氏は社会経済を活性化し新たな成長につなげるには、従来型の雇用モデルから脱却した活発な人材流動が必要との考えを示した。 

続きを読む

みんなの声

新卒で活きのいいのを安く採用して40を超えてコストがかかりガタも来る頃にポイ企業側が美味しいだけじゃん

45歳とは大胆な発言だけど、ライフステージと合っているのか?そりゃ貴殿の年収ほど貰っている会社員であれば、将来設計も描けるかもしれないが、殆どの会社員は、子息の教育費をはじめ、住宅購入など、多くの支出を伴う。貴殿の日常生活を軸に言われては困るし、良く考えて発言してもらいたい。

こういうこと言ってる上層部のおっさんたちは育児を妻に全面的に任せて自分は完全に仕事だけ。すべての男性が40代が脂がのってて意欲的に働けると思うなよ。生まれた子供たちに障害があったり、妻が病気になったり、仕事がバリバリできない男性だっているんだよ。もっと視野を広く、柔軟になるべき。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加