JRの敷地内に入った撮り鉄さん、書類送検される 「高く売れるいい写真を撮りたかった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

いわゆる「撮り鉄」の男2人が、廃車になる「踊り子号」を撮影するため、JRの敷地内に立ち入った疑いで、警視庁に書類送検された。 速度を落として、緊急停止しようとする電車。 その先には、カメラを向けていた人たちが散り散りに逃げていく姿が映っている。

千葉市の男(28)と愛知県の男(23)は2020年3月、東京・日野市のJRの敷地内に立ち入った鉄道営業法違反の疑いが持たれている。 この日は、廃車になる「踊り子号」が機関車に連結されて走る予定で、立ち入りにより、前の電車がおよそ30分間停車した。

目撃した人「15人くらい結構な人数が線路の敷地の中に入っていた。マナーを守らない人は鉄道ファンをするべきではない」 2人は容疑を認めていて、愛知県の男は「高く売れるいい写真を撮りたかった」と供述している。

続きを読む

みんなの声

り鉄の迷惑目行為は社会問題化しており、鉄道会社だけでなく、鉄道利用者や近隣住民も迷惑している。迷惑な撮り鉄を見かけたら、遠慮なく通報すれば良いと思うし、また書類送検も当然の事。今後は、撮り鉄に限らず社会に害をなす迷惑行為に対しては、より厳罰に処せるよう法改正をした方が良いと思います。

鉄道ファンじゃなくて転売ヤーの一種か。どこぞで金だと叫んでいた理由がわかった。処罰よりも高額な罰金の方が再発防止になるような気がする。

営利目的で撮影していたのには、正直吃驚しました。書類送検されても、電車運行に遅延が発生して民事的に損害賠償が請求されるのかな?どちらにしろ立入禁止エリアに入っての撮影で、遅延させてるんだから多額の請求は間逃れないでしょうね。その損害賠償の金額もニュースで出して欲しいです。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加