【やったあ!】常滑市で8千人参加した音楽フェス、経産省に補助金を取り消される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 

続きを見る

経済産業省は7日、愛知県で開かれた野外音楽イベント「NAMIMONOGATARI2021」に対する最大3千万円の補助金交付を取り消す方針を決めた。会場での新型コロナウイルス感染対策が不十分だったと確認した。関係者によると、主催会社側に7日付で通知文書を送った。

 イベントは愛知県常滑市で8月29日に開かれ、主催会社によると約8千人が参加した。会場で酒類が提供されるなど感染対策が徹底されていなかったとして、愛知県が抗議していた。

 このイベントを巡っては、観客ら14人の感染が判明し、愛知県がクラスター(感染者集団)の発生を認定したことが7日に明らかになった。

続きを見る

・当然の結果。主催者は自業自得。感染者が広がれば補助金取り消しどころか損害賠償に繋がる可能性だってあると思う。

・困っている人に補助が行き渡るのは大切だが、
結果として経産省による補助金交付政策が音楽イベント実施を誘発したともいえる。

イベント主催者や対策不十分な参加者が悪いのは前提だけど、
経産省としても「穴のある制度だった」ことは認めた方がいいと思います。
イベントにお金を出してあげるの事体は悪いことじゃないが、
時期尚早だったということ。

・自業自得と、多くの国民が納得することでしょう。

国や自治体を欺いた代償は大きい。

第二第三の会社が出てこないように、
ここはしっかりと見せしめが必要です。

・これは当然の対応。この補助金はあくまでも感染対策に努めているイベントに支給されるもので、あの状態は給付金詐欺ともとれるくらいに酷い状態だった。

クラスターを発生させた責任は思いし、この責任を取るのは医療機関なんだよ、、本当身勝手な人達だ。

・これは当然ですが、経産省も仕事が早かったですね。

さて問題は、千葉のスーパーソニック。
県知事、市長の要請むなしく、強行開催するようですが、なんとか延期・中止に至らせたいところ。

・当然のこと。実態として、他の音楽イベントにも似たようなものがあようです。特に小さなイベントでは、密になりマスクもしていないとか聞こえてきます。
まじめにやっている方々がいる一方で、でたらめな連中もいるということ。結果、全てのイベントに対して規制が入るようになってしまいそう。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加