【驚愕】今年の司法試験、現役高校生の合格者が誕生してしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 法務省は7日、2021年の司法試験の合格者を発表した。受験者3424人(前年比279人減)に対し、合格者は1421人(同29人減)。新試験に完全移行した12年以降で受験者、合格者とも最少となったが、合格率は41・5%と前年比2・34ポイント上昇し、初めて4割を超えた。政府が15年に掲げた合格者の数値目標「1500人程度」は2年連続で下回った。

 合格者は男性1026人、女性395人で、平均年齢は28・3歳。最年少は18歳、最年長は69歳だった。18歳の合格者は新試験が始まった06年以降で最も若く、法科大学院を修了せずに受験資格を得られる「予備試験」に合格していた。

 合格者のうち、1回目の受験者は1024人で全体の72・06%。予備試験を経た合格者は374人(前年比4人減)で合格率は93・50%。法科大学院修了者の合格者は1047人で合格率は34・62%だった。

 法科大学院別でみると、合格者数は慶応大が最多の125人(合格率55・07%)。早稲田大(同49・78%)と京都大(同61・62%)も100人を超えた。

 法学部出身者向けの既修コース(2年間)の合格者は829人(合格率45・45%)、未修コース(3年間)は218人(同18・17%)だった。

 司法試験は、12年には受験者数が8000人を超えていたが、減少傾向が続く。法科大学院進学を前提に法学部を3年で卒業できる「法曹コース」の設置によって、23年からは法科大学院在学中でも司法試験を受験できるようになる。

 20年の司法試験は新型コロナウイルスの感染拡大で8月に延期されたが、21年は例年と同じ5月に実施された。法務省幹部は「新型コロナが出願者数や受験者数に影響を与えたという動きはなかった」としている。

続きを見る

・最年少で合格された18歳の方も素晴らしいですが、一番びっくりしたのが最年長の69歳で合格された方が凄い。
自分の両親よりも年上の方だし、69歳で司法試験に合格され新しい人生を送られるのかな?
なんか今の自分の年齢で何でも諦めたらだめだなって思いました。
合格された皆さんおめでとうございます。

・弁護士の数が足りないのは確かだけど、
美容系しかやらない医師と同じで、
過払い金請求専門で、法廷に立たない弁護士もいる。 
弁護士も医師も数増やせばいいってものでもないから、難しいね。

・身内が司法試験受かったのに、争いだらけの現場で仕事することに疲れ、全く系統違う別の職に転身してしまった
弁護士という職は、頭良くても心優しく穏やかな気質の人には辛いものだったようで
折角努力して難関突破して得た資格がもったいないなとは思うけど、今は自分の特技活かし、新しい職場で生き生きと働いてる
本人が幸せであることが一番なので、それでいいと思う

・アメリカに強いられて始めた弁護士を増やすための司法制度改革ですが、アメリカには存在しない行政書士、司法書士もそれなりの数がいるので、稼げない弁護士が増えているという話も聞きますね

・かつてよりも司法試験は易しくなり、合格率も上がっているのに、とりわけ一流大学の学生が、あまり受けなくなってしまったように感じる。
実際、人並み以上に勉強して弁護士になっても、さほど金持ちになれるわけでもないし、それだったら、給料のいい外資系企業にでも入った方が利口といった行き方が、もう主流化しているのではないか。

・法科大学院までいってとるのはお金と時間はかかるが合格しやすい。また予備試験を受けて合格する人の9割以上は合格します。なぜなら予備試験がめちゃくちゃ難しいから。私も過去問やったことがあるのですが司法試験の本試験は法律の要点がわかればなんとか受験対策できるが予備試験の過去問は出題範囲が広く法律知識だけじゃなく英語や科学などの難しい問題もたくさんでるのでこりゃ無理だと思い諦めました。18歳で受かった子は天才。高校卒業の年で大学院卒と同等のテストに合格してるんだからすごいよ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加