ツイキャス声誕祭ユニットのDREAMCAS(ドリキャス)で、メンバーがチーム脱退をほのめかす大論争勃発

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ツイキャスの声誕祭イベント開催中にDREAMCAS(ドリキャス)のユニットメンバーのももななさんとまっすーさんが配信中にミュートで通話していたため、三浦優生さんの枠に鳩リスナー(伝書鳩の様に他枠の話題を伝えるリスナー)が飛んできて仲悪いよなと冗談で2人について言及して、三浦優生さんは2人の仲が悪いと言っているとももななさんのところへdmが来たとのこと。

夜中の配信中にももななさんが三浦優生さんへ電話を掛けて、二人は両者の意見を話して確認と議論へ発展した。

そのことに対して、ももななさんは声誕祭が開催されているときにチームメイト同士の不仲の噂が広がって、課金アイテムを投げたいと思っていたリスナーが不仲なメンバーのいるユニットへ投げ銭をしづらくなる可能性や、4~5年間彼女の配信を視聴する古参リスナーの発言は信用に足ることを指摘した。

一方で、三浦優生さんは日頃の配信スタイルで関係する配信者の人の話題を冗談で触れることは自然だとのような意見を示した。名前を出して揉めるとなると絡みづらくこういうことで怒ることなんだとの驚きや、配信者がネタにされて話されることで怒ることへの疑問を示した。

そして、ももななさんと三浦優生さんはドリキャスを脱退するようなことをほのめかしたため、不死身さんも仲裁に入って午前7時までユニットのメンバーの三浦優生さん、ももななさん、不死身さん、まっすーさん、ももくんさんの5人で通話をした。ももななさんと三浦優生さんはお互いに和解することで、ドリキャスを存続することになった。

その後、もんじょりさんが午前7時から通常配信を始めてももななさんとミュートで通話をし、その後三浦優生さんとも通話をした。

もんじょりさんは、三浦優生さんにももななさんとペヤングの激辛を食べる対決を提案したが、グループ内でバトンを渡してペヤングの激辛を食べることになった。今後のドリキャスのユニット活動を注視していきたい。

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加