タリバン政権また不祥事。初の警察高官の女性を残虐な方法で暴行する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アフガニスタン政権を掌握したイスラム武装組織タリバンが女性の人権を保障すると世界に宣言した中、タリバン組織員が警察幹部を務めた女性を集団で暴行したという証言が出た。
先月31日(現地時間)、米紙ニューヨークポスト、英紙デイリーメールによると、アフガン内務省犯罪捜査次長を務めたグラフロズ・エブテカールさんは、ロシアメディアとのインタビューで、タリバンから残酷な殴打を受けたと述べた。
エブテカールさんは外信に「私と家族を救うために、複数の国の大使館に連絡をとったが、いずれも無駄だった」と述べた。エブテカールさんは当時、空港に駐留していた兵士に助けを求めたが、むしろ市内に追いやられたと主張した。
エブテカールさんは再び空港に移動して脱出しようとしたが、タリバン組織員が妨げた。エブテカールさんは「タリバン組織員は拳や武器、軍靴、さらには石で私を殴った」とし「殴られて立ち上がることができず、話をすることさえできなかった」と訴えた。

続きはコチラ

ネットでは

信じられない

野蛮人かよタリバン

文明社会の逆をいくよなコイツら

女性の権利を認めないとかそれでも他の国と対等に扱えっていってくるなんて厚かましい奴らだ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加