メルケル首相とも交流のあるドイツの在中国大使が突然死亡し話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ドイツの駐中国大使館は6日、ヘッカー大使が死亡したと発表しました。大使は今年8月に就任したばかりでした。ドイツの駐中国大使館はヘッカー大使が死亡したことを発表し、「突然の訃報に接し、私たちは深い悲しみとショックを受けています」とコメントしました。54歳で、先月24日に就任したばかりでした。死因は不明だということです。ロイター通信によりますと、ヘッカー大使は今月3日大使公邸で開催されたイベントに参加し、出席者によりますと、普段と変わらない様子だったということです。ヘッカー大使は大使就任前、ドイツ政府で難民問題を担当した後、メルケル首相の外交顧問を務めていました。

続きを読む

ネットでは

>ヘッカー大使は今月3日大使公邸で開催されたイベントに参加し、出席者によりますと、普段と変わらない様子だったということです。

これが怪しい。
参加者をすべて調べてみる必要がある。
あとは食材をどこで仕入れたかも。

医師も検視しただろうに、何で死因が不明なんだろう?発表しにくい事情でもあるのか?

2012年に中国へ赴任予定だった次期大使が渋谷の路上で心不全により
亡くなったことを思い出した。

中国と蜜月関係だったドイツが最近になって急速に外交姿勢を変更しつつあることと重なり、何とも不可解で不気味な事案のように感じますね。

なんか、脳波を破壊するスパイ映画みたいな
兵器があってアメリカ大使館とかの近辺で働いてる人達が、やられてるって。
それじゃない?

ドイツは、EUの中でも中国寄りなのに、謎ですね。 毒殺でしょうか、8月に赴任したばかりなんて、怖すぎます。 世界の外交官も、赴任することに、ためらいますね。 現実に、スパイ映画のようなことがあるのですね。

ロシアと中国は重要なポストの人の死因不明死が多いですね~
偶然でしょうか?
後、韓国もアメリカ大使が暴漢に襲われ血だらけになる事件ありましたね~








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加