「悠仁さま、15歳の誕生日を迎える」←ヤフコメ民、勉強しているだけなのに叩く不敬っぷり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまが6日、15歳の誕生日を迎えた。現在、お茶の水女子大学付属中学校3年生。コロナ禍で活動が制限されながらも、学校内外での行事に精力的に取り組み、健康に過ごしているという。

【写真複数、動画も】2007年、まもなく1歳になる悠仁さま。伝い歩きをするようになった=宮内庁提供

 宮内庁によると、悠仁さまは6月、コロナで中止となった修学旅行の代わりに、3日連続で校外学習に取り組んだ。花屋で働く障害者の話を聞いたり、水上バスに乗って東京湾から五輪関連施設などを見学したりした。夏休み中は、高校進学を控えていることもあり、勉強している時間が多かったという。

 昨年秋には、「第12回子どもノンフィクション文学賞」に投稿した「小笠原諸島を訪ねて」が、中学生の部で佳作に選ばれた。2017年に紀子さまと旅行した小笠原諸島のことや島の人との交流を書いた作品で、今年3月には北九州市で開かれた表彰式に悠仁さまはオンラインで出席し、「小笠原諸島での出会いや思い出を大切にしていきたいと思います」と語った。(杉浦達朗)

本文を見る

・特別枠など使わず、正々堂々実力で勝負すべきです。学習院ならば別ですが・・・

・親(特に母親)の見栄か雅子さまに対する対抗心か知らないけれど、分不相応な難関校を目指させるのなんてお気の毒ですよ。
医師や弁護士、官僚や大企業の経営者などになるわけでもないのに、東大を目指してどうするつもり?
それよりご自身が安心して楽しく学校生活を過ごせるような環境の、それこそ身の丈に合った場所へ進学すればよろしいのではないですか?

・身の丈に合った学校を選ばないと大変なのは自分だからきちんと一般入試で高校に行った方がいいよ。

・家庭内で暴言とかって記事も拝見しました。
恐縮ですがごく平凡な父親から言わせて頂きますと、
敢えて手を差し伸べず子供には苦労させた方がいい事もあるかな~。

・不思議で仕方がないのだが、この御一家は
何でそこまでして学習院を嫌うのか?
何か表沙汰に出来ない事情でもあるのか?

・別に頑張って高校受験しなくても大抵の進学したい学校に入学できるのでは?
だいたい皇族の学校である学習院があるんだから最初からそこに通えよ。
お茶の水側もこの子がいたせいで大変だっただろうに。お気の毒でした。

・お姉さんみたいに天皇陛下に泥を塗ることのないよう自覚をもってすごしてください!
勝手にさせろと言われても、これまであなたは国民の血税で成長しているんですから。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加