「マーベル」のライセンス商品も販売…オガワスタジオがラバーマスク製造終了 「非常に悲しい」惜しむ声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ゴムマスクを手掛けることなどで知られるオガワスタジオ(さいたま市)は2021年9月6日、主力商品だった「ラバーマスク」の製造・販売を終了すると発表した。ツイッターでは「これは非常に悲しい」などと惜しむ声があがっている。

■生産量は例年の3分の1ほどに

 オガワスタジオは1905年に創業したゴム工場。アニメや特撮などの人気キャラクターをかたどった着ぐるみやかつらなどのパーティーグッズを製造・販売している。主力商品はゴムでできた被り物「ラバーマスク」で、忘年会やハロウィンなどで用いられていた。

 最近ヒットした商品は、アメリカ前大統領ドナルド・トランプ氏をイメージしたラバーマスク。このほかライセンス商品として、アメリカの人気作品「スター・ウォーズ」や「MARVEL(マーベル)」シリーズで活躍するキャラクターのマスクも人気を博していた。

 そうした中9月6日、オガワスタジオは9月末を持ってラバーマスクやかつらなどの製造・販売を終了すると、ツイッター上で発表した。同社は取材に対し、新型コロナウイルス感染症拡大の影響があると述べる。

「去年からラバーマスクの注文は減っていました。コロナ拡大の影響でハロウィンなどのイベントが減少し、生産量は例年の3分の1ほどになっていました。オリンピックのインバウンド需要があれば、ゴムでできたかつらなどが売れるのではないかと思っていましたがこちらも外れてしまい、会社としてラバーマスクの製造を続けるのが難しくなりました」

続きを見る

おばあちゃんのうちの近くにあったのがオガワスタジオ。いつもショーケースに飾られていたマスクにあれはなんだ!?となってしばらくしてからマスコミに取り上げられて…時代の流れというにはあまりにも酷ですが、変化をチャンスと捉えてまた魅力的な商品を作り出してもらいたいです。

コロナで日本の宴会文化そのものが無茶苦茶に破壊されてしまったから
それに依存していたこういう商売はもう耐えきれなくなるのは当然の事
良いものを作っていたとしてもそれが売れる土台がなくなってしまってはね…
自分は時代の流れだと達観した気持ちでいるよ
幸いまだオガワスタジオ自体が潰れてしまった訳ではないので
ファンの方々は企業がまだ生きている内に商品を買って支援なりしてあげて下さい

確か、レインボーマンの怪人のマスクもここ製でしたね。
今考えると、特撮で既製品をそのまま撮影に使うなんて、大胆なことするなあ…

会社も遊びでやってねぇのよ。
販売してる時は見向きもしないで、会社がいざ「やめる」と言ったら、「寂しい」だの「悲しい」だの。
飲食店でも、小売店でもあるよな、こーゆーの。
店畳むと決まった瞬間にこぞって行く奴ら。
ホンマに何なの?
守るために俺が出来ることは金を落とす事やから。
それが出来ないなら、これから先もっと色々な物が無くなっていくし、思い出の品、味も消えて行くからな。
守る為に俺らが出来る事は一つ。
そこにお金を落とす事だけ。

悲しいとか言ってる人に限って1つも買ったことない








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加