アメリカで使用されている新型コロナワクチンの一種で「視力低下」の副作用が発覚し、使用中止に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アメリカで、馬などの家畜用の駆虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス治療薬として服用し、病院で救急治療を受ける人が出ているという。米政府は、新型コロナウイルス治療に「イベルメクチン」を使用しないよう呼びかけている。家畜用の駆虫薬「イベルメクチン」は、寄生虫駆除の目的で人間に少量投与されることもあるが、新型ウイルス感染症COVID-19の治療薬としては認められていない。しかし、COVID-19の治療や予防への効果がうたわれており、物議を醸している。アメリカではこれまでにイベルメクチンの使用が一般化しており、米食品医薬品局(FDA)は先月、服用しないよう声明で呼びかけた。

続きを読む

ネットでは

・医者の処方箋通りにやらないのかな

・ふつうにイベルメクチンの副作用(肝機能障害、催奇形性)と素人が個人輸入して勝手に服用するのを危険視しての警告だと思うんですが

・目的外使用のリスク告知はデマとは言わん。リスク覚悟で使うのとリスク知らずに使うのは天と地の差があるわwww

・むしろ、馬の量を服用しても死者が出ていないということは、安全性が非常に高いことを示している。

・もともとコロナ用ではないお薬ですからね。。。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加