日本人の3人に1人は日本語が読めない?最新の研究が明らかに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 知識社会においては学歴によって社会が分断され、知能の格差が経済格差につながるという残酷な側面がある。そうした中で、「初歩的な事務作業さえできない大人がたくさんいる」という現実もある。最新刊『無理ゲー社会』で、リベラル化する社会の生きづらさの正体を解き明かした作家・橘玲氏が、仕事のリテラシーに関する国際的な調査結果をもとに考察する。
 知識社会においては、当然のことながら、もっとも重要な能力は「知能」だ。問題なのは、知能の分布に大きなばらつきがあることだ。これはあまりに危険な事実なので、リベラルな社会は知能のちがいを「学力」で隠蔽し、「教育によって誰もが知能≒学力を伸ばせる」という壮大な教育神話をつくりあげた。
 先進国は教育に莫大な予算を投じ、さらに知能指数も上がっている。不吉なのは、それにもかかわらず、「初歩的な事務作業さえできない大人がたくさんいる」という調査結果が相次いでいることだ。

続きを読む

筆者による日本人のIQに関する4つのファクトとは

筆者独自の調査による日本人に関する4つのファクトとはこれだ

【1】日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない(正しく読解できない)
【2】日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない
【3】パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない
【4】65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない

ネットでは?

高校・大学と進み自分と同じレベルの人たちが集まるようになってすっかり忘れていましたが、数年前から社会人に英語を教える機会があり、世の中には小中学校で習う内容がわからない人がいるということを思い出しました。

「〇〇の本について話そう」の様なスレを読んだ時、根本的にその物語を理解できてない人が多くて驚いた。あんな娯楽でさえここまで理解出来てないならきっと不動産関連の書類とか確定申告のやり方とか、読んでも理解してないのでは?と心配になった

文章の仕事してますのでこれは強く感じます。

読解力と文章作成能力には差が出ますよね。

日本語の読解力が低い人が3分の1もいるということですね。

これらの【1】~【3】の能力は高卒でも身に着けている人は少なくない。むしろ持って生まれた個人差の一部だと思う。逆上がりができない、25メートル泳げない、ドレミファソラシドを正確な音程で歌えないというようなことと同じで、ある程度の素質が無かった人には難しい。教育により多少は身に付けさせられるだろうが、それよりも適材適所の実現に気を配った方が有益な気がする。

豪州在住です。日本の皆さん、安心してください!オーストラリアもほぼ同じです!って、何の慰めにもならないかもしれませんが。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加