Appleのチップは将来的にARMからRISC-Vへ?人材募集が明らかに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

Appleが独自開発しているチップはすべてメインCPUとしてArmアーキテクチャを採用しています。しかしながら、ArmアーキテクチャはArm社が開発しているものであり、使用にはライセンス料が必要です。
そんななか、Appleがオープンソースアーキテクチャでありロイヤリティフリーで利用できるRISC-Vアーキテクチャに精通した人材を募集していることがわかりました。これはAppleがArmからRISC-Vへとアーキテクチャを変更する布石なのでしょうか?
RISC-Vアーキテクチャは、カリフォルニア大学バークレー校のRISCプロジェクトを起源とするCPUアーキテクチャです。
その最大の特長は、RISC-Vの命令セットを持つプロセッサの設計や、設計したものを販売するのにライセンス料が発生しないという点にあります。

続きを読む

ネットでは?

・アップルのコストカット戦略か

・どんどん業界のトレンドから離れていく

・囲い込みが激しいな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加