半年ROMれ、ggrksのネットスラングがネットの先人たちに再評価される声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

Twitter、掲示板やニコニコ生放送やツイキャスの配信サイトなどのSNSを含めたネット上の世界では、その時代に合ったネットスラングが様々なユーザーによって使われてきた。ネットのプラットホームで発言をせずにその場のルールなどの動向を伺えという「半年ROMれ」や自分でググって調べろという意味合いの「ggrks」などのネットスラングが、多種多様なハッシュタグと共に再評価されてTwitter上で話題になり多くのユーザーの関心の高さが推察できる。

以下は、ネット上で見られた反応の一部を紹介したい。

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『半年ROMれ、ggrksのネットスラングがネットの先人たちに再評価される声まとめ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2021/09/03(金) 20:39:31 ID:5d4ec007d 返信

    ねらーがそんな親切な存在だと信じちゃう最近のインターネットユーザーの危機感の無さに震える老害
    ログ速とか見りゃ、それが使われてる場面はそんな思いやりに溢れた状況じゃないのは明白だろうに。排斥と嘲笑がほとんどで、よほど相手がクソガキすぎて心配になるほどじゃない限りそんな使い方はしない