大分県でマスク外して合唱しクラスター発生→信者頭悪過ぎと話題になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

大分県の教会でクラスターが発生、集会で一部の人がマスクを外し、合唱をしていたというクラスターが発生したのは、大分・別府市の「フルゴスペル大分教会」。この教会では、8月22日と27日、29日に集会が開かれ、参加者45人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。集会では合唱していて、一部の人は、マスクを外していたという。集会には、あわせて60人以上が参加していたとみられていて、大分県は、8月22日から29日までの間、この教会を利用した人に、保健所への連絡を呼びかけ、参加者の特定や検査を進めている。

詳しくはコチラ

ネットでは?

・こんな時期に何故!?45人同時クラスターは全国でもあまり聞かない。常識はずれな行動をするなら自宅療養に専念して。救急車や医療機関に迷惑掛けないでください。

・まだまだ自分勝手な人は多いんでしょうね。教会のミサか何かでしょうが大声で合唱は最悪の行為ですね。神父さんは何も対策をしてなかったのでしょうね。マスクしてても大声での合唱はね。逸れも密な状況だったんでしょ。最悪の行為ですね。

・こういう行為が表面化していないだけで、全国のところで点在いるんだろう。

・これが問題になるなら、創価学会も連日どこかの地方で大人数を集めて会館で会合を開いてますが。聖教新聞では連日、会合を開いたとの記事が掲載されてますよ。そっちも問題では?

・無症状で他人にうつしている人が本当に多いんだと感じる。たまたまマスク無しの合唱して感染。運が悪いにも程があるがその運の悪さに遭遇する確率がすごく高くなっているんだね。

・この教会の件といい、音楽フェスでの羽目を外した参加といい、テレビ局社員の飲酒集会といい、こういう人達が日本にも大勢いるのだなあ。意識が低いと言わざるを得ない。マスコミの方々、こういう人達が何と思ってこういう行為をしているのか取材して報道してもらえませんか。人々の意識が変わらなければ、感染は無くならない。意識が変わるような取材。報道をなんとかお願いしたい。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加