関西の小学校で教諭がコロナ感染を知りつつ出勤し、学校全体が急遽休学になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

兵庫県尼崎市の小学校の教諭が、新型コロナウイルスへの感染が確認されたあと、学校に報告せずに授業を行っていたと市の教育委員会が発表しました。
学校の聞き取りに対して教諭は、「体調が改善したため自分の判断で出勤した」と話しているということです。
尼崎市教育委員会によりますと、市立小学校に勤務する教諭は、熱が出たため先月25日に医療機関を受診し、検査で新型コロナウイルスへの感染が確認されました。しかし、感染したことを学校に報告せず、始業式が行われた30日出勤して、昼すぎまで担任するクラスで児童33人に授業を行ったということです。その日の夕方、保健所からの問い合わせがあり、学校側は初めて教諭の感染を把握しました。学校の聞き取りに対して教諭は、「体調が改善したため、自分の判断で出勤した」と話しているということです。学校は教室などの消毒を行うとともに3日まで臨時休校としました。

続きはコチラ

感染してもなおかつ出勤する文化が悪いのでは?

今、小学生のころのことを思い出してみて欲しい。周りに少し風邪気味なのに登校していた友達はいなかっただろうか?学校にいる先生も同様に「死にそうな病気以外は出勤」というのが学校のみならず、日本の職業文化として現れているのではないか?

ネットでは?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加