東京MX系番組「ニュース女子」の制作会社に賠償命令デモ活動者を「テロリスト」呼ばわりに→差別発言のDHCが制作元と判明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が放送したバラエティー・情報番組「ニュース女子」で名誉を傷つけられたとして、市民団体共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんが制作会社のDHCテレビジョンなどに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は1日、同社に550万円の支払いとウェブサイトへの謝罪文の掲載を命じた。大嶋洋志裁判長は「原告に真偽を確認するための裏付け取材をしていない。精神的損害は重大」と指摘した。
判決によると、番組は2017年1月に放送され、沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設反対運動の参加者を「テロリスト」などと表現した。出演者は、市民団体が参加者に日当を払っているという趣旨の発言をした。

詳しくはコチラ

問題の回はコチラ

『ニュース女子』# 101
動画の後半40分を過ぎたあたりから反対派のボランティアの日当について語られている。

制作元のDHCは過去にも。。。

日本の化粧品大手DHCの吉田嘉明会長が、在日コリアンを卑下する文章を相次いで掲載していることに対し、「人種差別だ」として協力関係を取り消す日本国内の地方自治体が増えている。吉田会長はまた、放送や新聞折り込みで「ヘイトスピーチ」(特定集団に対する差別・嫌悪表現)の内容が書かれた広告まで流そうとしたが、拒否されたという。

続きを読む

ネットでは?

・DHCやっぱりなんかズレてるよな

・この判決は米軍の反対活動が正しいって言っているじゃなくて、差別がよくないって言っている。

・この会社でサプリはもう買わん

・レイシスト企業ざまあ

・DHCマジで懲りないよな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加