夫婦高校生死体遺棄事件のニュースに批判殺到→「アニオタ」ってタイトルに書く必要ないだろ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京都墨田区の私立高校3年、鷲野花夏さん(18)が行方不明になっていた事件は、想定外の結末となった。
 山梨県早川町の県道沿いの小屋で鷲野さんの遺体が発見されたのは8月31日。警視庁は群馬県渋川市渋川、職業不詳の小森章平(27)容疑者、妻の和美(28)容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。きっかけは、ツイッターだった。和美容疑者が章平容疑者の携帯電話を見たところ、女性と連絡を取っていることを発見。問い詰めたところ、鷲野さんであることがわかった。
「嫉妬して、私が刺した」と和美容疑者は殺人についても認めるような供述をしている。2人が使用したロープやナイフは章平容疑者の趣味であるキャンプで使用していたものだという。
「結婚した和美容疑者とはお互いにアニメ好きでそれが高じて知り合い、結婚した。和美容疑者の家に転がり込んで、生活していると聞きました」
略称で「バ美肉」と呼ばれるバーチャル美少女受肉ものが好きだという。バーチャル空間で美少女を3Dモデル、2Dアバターなどで作成。自分好みの声やコスチュームなどをアレンジして活動、美少女になりきり、かわいさを徹底追及するものだという。

詳しくはコチラ

バ美肉とは?

バ美肉とはいわゆる「VRアイドル」の派生系でユーザーが自分で好きなアイドルキャラクターを作成し、自身の代わり(アバター)として他のユーザーとコミュニケーションが取ることができるものである。
実際のユーザーの特徴を全く反映することなく、誰でも「可愛いアイドル」になれるのが話題だ。

今回の事件に関してネットでは?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加