ファイザー製でも異物が「ゴムの破片」か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

沖縄県八重瀬町の公民館で実施したファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、1瓶から黒色で線状の異物(約3ミリ)が確認されたことが30日、同町への取材でわかった。この瓶のワクチンを接種した町民はいなかったが、同じロット番号のワクチンを計304人の町民が接種した。健康被害の報告はないという。

 町によると、29日午前、看護師が瓶に浮いている異物を発見。町内で同じロット番号を使用していた体育館の集団接種会場とともにすぐに接種を中断した。

 町は同日午後、国の指導を受け、別のロット番号のワクチンで接種を再開した。町によると、ファイザー社から「注射器の針を瓶のゴム栓に斜めに刺すなどし、削り取られた一部の破片が混入した可能性がある」との説明を受けたという。(寺本大蔵)

続きを見る

・モデルナ製のワクチンの異物混入を伝える記事でもそうなのだけど、
全く手をつけていない瓶の中に混入しているのを確認したのか、注射針を刺した瓶の中に混入しているのを確認したのか詳細を書かないのは何故なのか。意味するところが全く変わってくるのでそこをしっかりと取材して記事にしてほしい。

いや、これは注射器を使用した医療従事者の手技によるものだと思いますが。

・基本的にまっすぐ垂直に刺せばそんなことにはならないが斜めに刺してしまうとこういうことが起こることは医療従事者なら知っていることだと思うし記事を書く人はしっかりそこまで分かりやすく書くべきだと思います。
記事の読み方次第では注射器を刺す前から異物が入っていたように読み取れてしまいます。

・ゴム片に話をすり替えたい意図を感じますが、モデルナで発見されているのは『磁性を帯びた金属』ですよ。NHKでもそのように報じられていましたから間違いないはず。

・未開封の状態でゴムの破片が入っていたのか?そうでないのか?では
大分状況が変わってくる。こういう不確かな情報の書き方は良くない。
いったいどちらなのかね?朝日新聞。

現場が混乱するから、それが分かるまでは記事にすべきではない。

・いやいや…、ゴムの破片の事よりかは、金属っぽい異物の話はどうなった?メディア得意の、記憶の擦り替えで、問題をウヤムヤにする気か?

製造段階の異物の話で、薬を採る際針で削れるゴムの話はしてないわ。

国からメディアに問題を擦り替えよと圧力あったんか?今の日本ならあり得るが。

・ここ数日、異物混入の話がでていますが、
これまでのワクチンは、問題なかったのでしょうか。
後で、実は・・・なんて、ということはないでしょうね。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加