アシッドアタック花森の被害者男性、昨年に容疑者から「脅迫めいた手紙」を受け取っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 東京都港区の東京メトロ南北線白金高輪駅で8月24日夜に硫酸をかけたとして大学生の花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)=静岡市葵区=が傷害容疑で逮捕された事件で、重傷を負った都内に住む会社員の男性(22)が「(花森容疑者から)昨年9月ごろに脅迫めいた手紙が自宅に届いた」と話していることが捜査関係者への取材で判明した。花森容疑者から「自宅に泊まりたい」と持ちかけられたが、断ったのが原因とみられるという。

 男性は花森容疑者が以前通っていた沖縄県の大学の後輩。もともと花森容疑者は後輩である男性に対等の話し方をされていたことに不満を示しており、警視庁捜査1課は宿泊を断られたことでさらに恨みを募らせた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、花森容疑者は沖縄の大学に男性より1年早く入学したが、2年生になって入ったサークルでは男性と同期だった。昨年9月ごろ、静岡県の大学に編入していた花森容疑者から無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「泊まりに行っていいか」と男性に連絡があった。沖縄の大学に在学中だった男性は、卒業論文の作成で忙しいことを理由に断ったが、執拗(しつよう)に求められたためラインをブロックしたという。態度を改めることなどを求める脅迫めいた内容の手紙が届いたのはその直後だった。

 男性は今年7月、都内の路上で花森容疑者に突然声を掛けられ、繰り返し大学時代の態度などについて不満を言われた。その際、男性はラインをブロックしたことを謝罪したという。

続きを見る

・ため口をきかれた事で自分が下に思われているのではという疑念を持っていたところ、後輩なら泊めるだろという思い込みの依頼も断られ、自分が見下されていると更に思い込んだのかもしれません。脅迫めいた手紙を送るなどもそこからの様に思います。この様なストーカー気質の人間はこちらの思いとは違う事を勝手に思い込みプライドが傷つけられたなどの理由で相手を社会的に抹殺するなどの計画を起こします。自分が理解できないような行動や言動を相手がとり脅迫めいた内容であれば、すみやかに警察に相談しましょう。警察署にいきにくい場合は#9110の警察相談電話に相談してみてください。男女問わず自分で解決しようと思う間に相手がエスカレートして取り返しのつかない事になる場合もあります。捜査にも時間はかかりますので早めの相談をオススメします。

・泊りに来てたら、もっと酷いことになっていたかもしれない。
執拗なLINE、そしてブロックにキレて脅迫めいた手紙。
呼び捨てされた事に怒り、被害者を3時間半待ち伏せ、後を付けて硫酸を掛ける。
通りかかった女性も転倒し怪我。
どうも通常の精神状態ではないように思える。

・東京に住んでいるからか、地方在住の友人から泊めてとよく連絡があります。あちらはホテル代節約と思っていますが、来られる方は歓迎してくれると思ってるのが凄いなと。本当に迷惑なんですよね、実際。断るのが通常だと思います。

・がうまく行かないのは大学時代のせいだと思いこんでしまったんだろうね。
仮にタメ口があったにしても当時解決すればそれで済んだ話だし、大学生なんだからサークルに拘る必要もない。
こういうタイプの人間にどう対処すればいいのか、本当に難しいなと思う。

・これは、恋愛感情抜きのストーカー事件ですね。被害者に落ち度があると言う人は、桶川事件の被害者も責めるのでしょう。

・精神鑑定の結果、何らかの診断名はつくのだろうな。でも責任能力に問題ないというレベルの診断。25歳で大学を卒業出来ていないのは潜在的な引きこもり予備軍といえる。ご両親が亡くなられたことで、犯罪という境界線を踏み留まる抑止力も働かず。

こういう加害者のターゲットになった場合、被害者はどうやって保身すれば良かったんだろうね。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加