「Windows 11」10月5日登場、Androidアプリは当初非対応に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

マイクロソフトは、「Windows 11」を10月5日より提供すると発表した。なお特徴のひとつであるAndroidアプリが利用できるという機能は当初含まれない。

 Windows 11は、ユーザーインターフェイスの一新、ゲーム体験の強化など、新たな要素が盛り込まれる。Windows 10搭載パソコンでは無償でアップグレードできるほか、Windows 11対応機種かどうか確認する「PC Health Check」アプリは近日リニューアルして再登場する。

 Windows 11では、Amazon appstoreとインテル・ブリッジ・テクノロジーを利用して、Microsoft Storeからアプリをダウンロードして利用できるようになる。ただし10月5日の提供開始時には含まれず、今後数カ月の間にWindows Insiders向けのプレビューでテストされる予定が明らかにされた。

 このほか、現バージョンのWindows 10については、2025年10月14日までサポートされることも案内されている。2021年後半にはWindows 10の機能アップデートも実施される。

続きを見る

・windows 10 で終わりじゃなかったの?
MS嘘言ってると思うんだけど、、、

・システム関連の仕事をしている人間としては憂鬱しかない。ようやく7の対応がほとんど終息したというのに。

・Windows10で終わりと明言したはず・・無料でWindows 11というが業務用ソフトや周辺機器が動作する保証はどこにもない。ましてやWindows10のサポートは2025年までだという。MSの企業理念はいかがわしい

・アップデートを強制的に押し付けてくるのうざいからやめてほしい。

マイクロソフト、アップル、グーグル…なんでアメリカ企業って個人に選択肢を与えずアップデートを強制するのが好きなんだろう

・新しいバージョンを出されても使いこなせません。旧バージョンの保守期限が切れて困ります。

・レガシィBIOSのPCは非対応ということは、半数のWindowsユーザーはPC買い替えに追いやられるのではないでしょうか。
Windows10対応が終わって安定稼働し始めた企業からすると、あと4年は厳し過ぎますね。
せめて、Windows10を2030年まで延命して欲しいです。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加