タリバン、女性の大学進学容認 「ただし男女共学は禁止」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【AFP=時事】アフガニスタンを制圧したイスラム主義組織タリバン(Taliban)の教育担当責任者は29日、女性が大学で学ぶことは許されるが、男女が同じ教室で授業を受けることは禁止するとの方針を明らかにした。

 欧米が支援するアシュラフ・ガニ(Ashraf Ghani)政権を崩壊させて今月中旬に権力を掌握したタリバンは、女子教育を禁じた1990年代のタリバンの統治との違いを強調し、厳格なイスラム法の解釈に基づきつつ女性の権利の発展を尊重すると約束している。

 タリバンで高等教育相代行を務めるアブドゥル・バキ・ハッカニ(Abdul Baqi Haqqani)氏は29日、首都カブールで開いた各地の首長や長老らによる「ロヤ・ジルガ(loya jirga、国民大会議)」で、「アフガニスタンの人々は、シャリア(イスラム法)に照らして安全に、男女が同席しない環境で高等教育を受け続けることになる」と述べた。

 ハッカニ氏はさらに、タリバンが望むのは「われわれのイスラム的、国家的、歴史的な価値観に沿った合理的なイスラム的カリキュラムを作成しつつ、他国と競争できるようになること」だと説明した。

 小中等教育でも男女共学は禁じられるが、これは極めて保守的なアフガニスタンでは現在も一般的に行われている。

 今回のロヤ・ジルガには、タリバン幹部を含めて女性の参加者は一人もいなかった。

 ガニ政権下で市立大学の講師を務めていた女性は、「タリバンの高等教育省は大学の機能を再開するに当たり、男性の教員や学生の意見しか求めなかった」と批判。これは「意思決定への女性の参加に対する組織的な妨害」であり、「タリバンの公約と行動のずれ」を示していると指摘した。

 アフガニスタンでは、この20年間で大学進学率が上がり、特に女性の進学が増加。女子学生は、これまでは男子学生と並んで授業を受け、男性教授のゼミを受講することもできた。

続きを見る

・女性が大学で学べるのは、前タリバン政権より一歩前進した。
そこで、どのくらいその教育方針が実施されるかが問題だ。
なにか事件や紛争が起こると、女性や子供ら弱い立場の者にしわ寄せが行く。
タリバン政府が地道に女性の権利と幸福を拡充させていくことができるのか……不安が残る。

・日本でも「女に教育は必要ない」とかいって娘に高等教育を受けさせるのを嫌がる親がいるみたいだし、またつい最近、大学医学部の入試で実は男女差があったこともある。まだまだ女性差別が残っているといえるが、、、イスラム原理主義は全世界を敵に回してでも女性の地位向上を阻もうとする。

イスラム教徒の方に聞きたい。
なぜ、イスラム原理主義は男女差にここまで固執するのか。

・逆行しないで欲しい。20年の進歩もあっという間に無になりそう…。
別の教室でもきちんと平等に学べますように。
こうした国の発展はやはり教育が大事だと思う。教養ないと暴力に頼る事になるから。

・これ、部分的には前タリバン政権よりは進歩してるように映るけど、実質的には女性の学ぶ権利の制限でしょ?下手したら建前として言っているだけで、後から別の法律や規則を作ったり条項を盛り込んで政権側の解釈一つでどうとでもできるような状態になると思う。
こういった政権を支持してる某国とかがまさにそういったやり方で国民を統制しているよね。

・始まったよ。
初めは優しい顔して着々と。

これを受け入れるかどうかはその国民次第だけど、鎖国する気じゃなければそう長くは持たないよ。もし持たせようとするなら麻薬を資金源にするなど違法なやり方しか残っていない。
それが現代というものです。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加