パラリンピックの学校観戦で引率の教員の「感染」が確認され、批判殺到

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 千葉市教委は29日、若葉区の市立貝塚中学校で教諭6人が新型コロナウイルスに感染し、夏休み明けの30日から9月3日まで同校を休校にすると発表した。6人のうち2人は東京パラリンピックの学校連携観戦で生徒を引率していた。市教委はバスに同乗した生徒ら計約150人に検査を行う。今のところ、体調不良を訴える生徒の報告はないという。
 市教委によると、感染が判明したのは30代~50代の男女教諭。23日に50代女性に発熱の症状が出たのを皮切りに28日までに体調不良が相次ぎ、26~29日に陽性が判明した。感染経路やクラスター(感染者集団)に該当するかは保健所が調査中。
 6人のうち40代と50代の男性教諭が25日の幕張メッセでのパラ観戦で1年生を引率。40代教諭は27日、50代教諭は28日にそれぞれ発症した。引率中は不織布のマスクを着用するなどしていたが、市教委はバスに同乗した1年生18人にPCR検査を行う。

続きを読む

ネットでは?

誰が責任取るの?

なんで観戦継続しようとしてるんですかね?

パラ引率以上に、教員6人はどのような経緯で感染したのかが気になります。お茶や食事は?マスクは?ワクチンは?

うわ…。広まってない事を祈ります。 デルタはどんなに気をつけててもうつるから心配です、実際自分がそうでしたから…

バス内での空気感染の有無が気になります。

子供たちの命をかけてやることじゃないでしょ

熊谷さんはコメント出すべき。みんながあれほど忠告した。今後、注視していく。

これは23日に発症した別の教諭がいたにも関わらず、引率教諭に検査をさせず25日に引率させた学校側に責任があります。 ちなみにパラ観戦のバス同乗児童は18人、パラとは関係ない学習指導した児童が100人だそうです。 誤解をさせやすい見出しと文章ですね。 #Paralympics もほんといい迷惑ですね

二人で一五〇人って、どれだけバスに詰め込んでいたんだか。 日本の最初期の感染で高速バスの事例もあったのに、そもそもバスが安全という妄想はどこから着想したのさ。

記事には同乗してたのは18人って書いてあるので、そんなに詰め込んでいたのとは違うと思いますよ

パラの観戦の感動と、コロナで病院にたどり着けず自宅で死ぬ親の看取りと…子供はどちらの方が未来に有益なのだろうか…決して大袈裟ではないはず。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加