村上春樹「聞く耳持たないけど、目だけは良いのかも」と菅首相を批判するも「お前に何がわかる」とブーメラン食らう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

作家の村上春樹氏(72)が29日、TOKYO FM系で放送された自らDJを務めるラジオ番組「村上RADIO」の番組内で、菅義偉首相(72)の新型コロナウイルスに対する発言を、痛烈に批判。「この人、聞く耳をあまり持たないみたいだけど、目だけは良いのかもしれない。あるいは見たい物だけ見ているのかも知れない」と“一刀両断”した。
村上氏は、番組の最後に「今日の言葉」を紹介するが、その中で東京オリンピック(五輪)開幕直前の7月20日に都内のホテルで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会の冒頭のあいさつで、菅首相が口にした
「新型コロナ感染拡大は世界中で一進一退を繰り返しているが、ワクチン接種も始まり、長いトンネルにようやく出口が見え始めている」
村上氏 今日の言葉は、われらが菅義偉首相のお言葉です。彼は7月のオリンピック開会式直前にIOCの総会で、新型コロナに関して、このように言っています。
「新型コロナの感染拡大は、世界で一進一退を繰り返していますが、長いトンネルに出口が見え始めています」
その上で、村上氏は「あのですねぇ…もしね、出口が本当に見えていたんだとしたら、菅さんはお年の割に、すごく視力が良いんでしょうね」と菅氏を痛切に皮肉った。続けて「僕はね、菅さんと同い年だけど、出口なんて全然、見えていません。この人、聞く耳をあまり持たないみたいだけど、目だけは良いのかもしれない。あるいは見たい物だけ見ているのかも知れない。どちらでしょうね?」と、痛烈な皮肉を交え、菅氏の発言に疑問を呈した。

続きを読む

ネットでは?

左翼作家め… 今まで経験したことのない未曾有の危機に色々考えて良いと思う事を総理や政府が一生懸命やっているんだよ。 私だって全部には賛成は出来ないけど 今は批判するんではなくて 何とかこのコロナが収束して日時生活が普通に戻れる様に皆で協力して頑張る時でしょ。 村上春樹 私嫌い!

少なくとも菅首相の方が、メディア権力や作家先生よりは、人々の批判を受け止め頑張っていると思います。それよりテレ朝職員の緊急搬送まで出したドンチャン騒ぎや日テレのBBQで医療現場に負担をかけた事の方が問題だね

でもね……今は誰が首相でもそう言うしかないと思うんだけどね…… 当然立場も違うんだから見えているものが違うのも当然 だから何を言ってもいいけどそれをメディアが取り上げて広げる必要は無いと思う

もう活動家だな(笑)

ノーベル文学賞を取れないから反日作家に活動変更♫

痛烈ってほどでもないし、立場が違うので見えるものが違うのは当然 仮に菅首相と同じ立場に立った時に、出口は見えませんが好きなことをうまく活用して生き延びてくださいなんて言えないと思う

反論できない相手には、何を言っても構わない、卑怯者にしか見えないです。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加