「さっさ死ねよクソ女!!」富士急ド・ドドンパで骨折した女性が大炎上! 彼女が明かした「ホントの症状」と「“クビ曲げ”自撮り画像の理由」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

世界一の急加速で知られる、山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」のジェットコースター「ド・ドドンパ」で昨年12月以降、利用客4人が骨折など重傷を負っていた問題。報道を受け、新たに複数人が「健康被害」を訴えているが、そのうちの一人の女性の証言がネット上で注目され、大炎上している。

ド・ドンパに乗って首を怪我したもえかさん(21)

 関東近郊に住む、もえかさん(21)は7月3日に「ド・ドドンパ」に乗車し、第2頚椎を骨折したことを8月24日放送の「NEWS23」(TBS系)で告白した。

 ところが、放送終了後、もえかさんのツイッターがネット上で非難の的となってしまう。もえかさんのツイッターには、首を怪我した後も笑顔で日常生活を送っている様子などがアップされていたからだ。

〈おい自業自得だろ? 被害者ズラしてんじゃねーよ〉

〈クソ女!! ホンマに首折れて死にゃええのにな!!〉

 もえかさんのツイッターには連日心無い言葉のダイレクトメッセージ(DM)が届いているという。「文春オンライン特集班」は改めて、もえかさんに話をきいた。

首の痛みはずっと続いていた
 記者が関東近郊のアパートで一人暮らしをするもえかさんの元を訪れると、ネットで誹謗中傷を受けている娘を心配してやってきたもえかさんの母親も同席した。「取材に応じたら、また娘が叩かれるのではないか」と母親は不安を口にしたが、もえかさんは「やましいことは何もしていないので」と、語り、取材に応じた。

――まずは、改めてお聞きします。首は痛いですか?

「はい。病院に行くまでは、ずっとむち打ちだと思ってたんです。富士急からアパートに帰ってきた夜、首から肩の周りが痛くて、ガチガチに張った感じになっていました。寝る前にマッサージをして、月曜日からはなんとか仕事に行った感じです。そんな風に痛みがずっと続いていたんですが、8月21日に、報道で『ド・ドドンパ』に乗って、骨折した乗客がいることを知って、不安に思い、病院に行ったんです。そうしたら『第2頚椎を骨折している』と診断されて。『なんで1ヵ月半以上も骨折していたことに気づかなかったんだ』という疑問を持たれる方もいるかと思いますが、最初は、骨折までしていたとは私も思っていなかったです。ただ、首の痛みはずっと続いていて」

続きを見る

・今の時代に顔出しは危険すぎる
こうなる事が予見できなかったのは若さゆえか…
取材は受けても顔・名前は出すべきではなかった
メディア側の配慮も必要

・明らかに行き過ぎた誹謗中傷は、特定してそれなりの措置をとるべきですね。むちうちは外見からは見えないので外傷無くとも数ヶ月の疼痛は普通にあります。根拠なく書き込みをした方は自分の発言に何らかの責任をとるべきでしょう。

・骨折って、粉砕していたり、ポキッと完全に折れているものもあれば、ヒビが入った程度のものもある。
私は肋骨にヒビが入ったときも安静にするしか治療の手段がなくてそのまま日常生活を送っていたことがある。
骨折して痛みがあっても、その程度によっては笑って生活できますよ。普通に電車に乗って通勤して、仕事もできますよ。遊ぶことだってできます。

誹謗中傷系のニュースを見たらいつも思うんやけど、
誹謗中傷してる人って、対象者から直接迷惑をかけられてるんやろか。
そうでないのなら、何で、自分と無関係の人を攻撃できるんやろ。
正常な精神の持ち主ではないよね。

・名の知れてる有名人ではないのになんで顔出しでインタビュー受けたのか謎
こうやって誹謗中傷されるリスクはあるわけだから
普通は顔出ししないでしょ…

顔出しは他に意図があってやってると思われても仕方ないね

・首は本当、可哀想だけど、この時期に遊園地に出向いたから色々言われてしまったのでは?あなたはアーティストではないし、オリンピックがどうのこうのってのもね。
外出しなければ、骨折もなかったのに…と思うと残念ですね。

・「母親は娘が負った首の怪我だけでなく、心の傷を負ってしまうことを心配していた。」
こういうお涙頂戴的な締めくくり方をするのは、さらに反感を買うだけなのでやめた方がいいと思います。
事実のみを粛々と書くのが一番だと思います。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加