富士急ド・ドドンパ体験者語る 「あ、これはまずいかも」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

遊園地の富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)の宙返りコースター「ド・ドドンパ」に乗り、首を痛めたという男女2人が朝日新聞の取材に応じた。いずれもコースターが発進する際の急加速時に痛めたと訴えている。園は12日から運転を休止。国と県による事故調査に協力している。

【写真】富士急ハイランドのサイトで「世界一の加速力」と紹介されている「ド・ドドンパ」

 「スタート時にいきなりビューンって加速するんですよ。その時、首がガタガタガタと上下に揺さぶられて、あ、これはまずいかもと思いました」

 7月3日に富士急ハイランドを訪れ、ド・ドドンパに乗ったという20代の女性はそう振り返った。

 首に違和感が生じ、降車後に動かしてみると痛みが走った。「むち打ちかな」と思い様子を見ていたが、1カ月以上たっても痛みがひかない。乗客の負傷が相次いでいることを8月20日にニュースで知り、翌日、整形外科を受診。検査を経て「第二頸椎(けいつい)の骨折」が判明したという。

 ド・ドドンパのスリルと迫力は、絶叫マシンで有名な富士急ハイランドの中でもいちばんだと思う。「でも、まさかけがをするとは思わなかった」

 新潟市のDJ八木誠一さん(43)は3年前に家族で行き、ド・ドドンパで首を痛めたという。

 「発車した瞬間、首が後ろのシートにたたきつけられた」。降車後も寝違えたような痛みが続き、その日はもう、せっかくのレジャーを楽しめなかった。痛みは2日ほど続いたという。

 この話を高校時代の先輩に話すと、「俺もド・ドドンパで痛めた」という反応が返ってきた。「自分は軽症だったからよかった。首が痛くなる可能性のあるものを乗り物にしてほしくない」と話した。

 県が25日に設けた負傷者相談窓口には、27日までに22件の相談が寄せられたという。

続きを見る

・係員が発車前にきちんと説明している姿勢が取れないなら乗るべきじゃないし、事前に急加速によるGが掛かるのも分かってて乗ってるんだよね?

危険性理解して乗ってると判断出来る状況だと思うが。

やるなと言われた事しておいて被害者面はちょっと違うと思う。

・カタパルトで発進するのと同じくらいのGがかかる乗り物なのに、発進時に頭がシートに叩きつけられるような姿勢で乗ってたらそりゃ首痛めるでしょうね

・>「発車した瞬間、首が後ろのシートにたたきつけられた」

アタマを座席にちゃんとくっつけていなかったからでは?何度もアナウンスされているのに正しい姿勢で乗っていなかった証拠ですね。

・なんか、被害者意識凄いね。
そもそも、大多数は怪我などしないのでは?
じゃあ、運営会社が悪いのか?
違うんじゃないか?
急加速で、180キロは謳いでその他
アナウンスもあったはずでしょ?
分かって乗ってるのだから。
知らずでも、無理やりでもない。
バンジージャンプと同じ。
日本も、米国のようになんでも誓約書になってきてしまう。
かも知れない事に、危機感がある。
自分に落ち度は、無かったのかよく考えるべき。

・ドドンパ乗ったことあるけど発車時に背中から首を後ろにつけて下さいってアナウンスあったけどな。
ドドンパだけじゃなくジェットコースターってそういうものだと思ってるしあれだけ急加速するの分かってたら言われなくても衝撃分からないのかな

・いままで、運営していまになって
こんな大量に?

便乗しているひとも、多いんだろなー。
取れる所から取りたいみたいな。

本当に骨折した人には、運営も誠心誠意
対応はするだろうけど。

実際問題、痛いだけでは立証が難しい。
痛い、言えば医師も診断書を作るだろうけど、
本当に痛いかは本人しかわからない。

1ヶ月も痛いなら、いまじゃなくなんで
もっと早く病院にいかないのか?

・そのうち車(バイク)で急発進したら首が痛くなった。→メーカーに賠償請求。こんなのも事件になってしまうかも。そもそも安全基準は守っていたはずなのだから今更感があるのは私だけでしょうか?

・首が後ろのシートに叩きつけられたってことは首をきちんとシートにくっ付けていなかったってことですかね。
怪我する可能性があるから何度もアナウンスするのに守らないんだからそれは自分が悪いわ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加