硫酸ぶっかけ花森容疑者「今は話したくない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

24日夜、東京・港区の白金高輪駅で硫酸をかけられるなどして、男女2人がケガをした事件で、警視庁は公開手配していた25歳の男を逮捕しました。 捜査関係者によりますと、傷害の疑いで逮捕されたのは静岡市の職業不詳、花森弘卓容疑者(25)です。花森容疑者は28日午前、沖縄県内で身柄を確保され逮捕されたということです。 この事件では、24日に花森容疑者が男性(22)のあとをつけ、白金高輪駅のエスカレーターで追い抜きざまに、硫酸をかける様子が防犯カメラに映っていて、警視庁が傷害の疑いで全国に指名手配するとともに、事件翌日に静岡駅から移動する花森容疑者の画像を公開して行方を追っていました。 捜査関係者によりますと、警視庁の調べに対し花森容疑者は「今は話したくない」と認否を留保しているということです。 花森容疑者と男性は、沖縄県内の大学に通っていた際にサークルの先輩後輩の関係だったということで、警視庁は、何らかの恨みから犯行に及んだとみて、事件に至った動機などを詳しく調べることにしています。

続きを見る

・傷害罪は15年以下の懲役刑がMAXですから、この容疑者が初犯なら
裁判所は5年~8年の判決を下す可能性が高いでしょうね。
これじゃあ人生を滅茶苦茶にされた被害者は絶対に納得できないですよ。

・公開捜査されると逮捕が早いですね。テレビ報道で車泥棒や危険運転、暴走水上バイクなど、モザイクかかっているが、基本外して報道して欲しい。冤罪の可能性はゼロなのだから。

・『今は』と言っているから、いずれは話すのだろう。『永久に黙秘』と言う訳ではないのだと思う。

静岡からわざわざ東京まで行き、被害者のあとをつけて犯行に及んでいるから、かなりの計画性と行動力。余程の強い怨念がないと、ここまでの行動力は発揮できない。

となるとそれだけの怨念を吐き出したくなる日もいつか来る。遠からず、動機は話し出すとは思う。

・もし、もしだよ
酷い嫌がらせとかいじめの復讐での反抗なのだとしたら、被害者を可哀想に思う気持ちが半減しそうで嫌だなぁと自分で思う
いじめておいてのうのうと生きている北海道旭川の奴らこそこうされて欲しいと思ってしまうんだよね
醜いなと思うけど、いじめは許されるべきではないんだよ
まぁこの件がそうとはわからないけど…これほどの怨恨を持つ理由がね…

・普通大学のサークルの先輩が後輩にこんなことをする原因って、何でしょう。
前に地方の野球部の高校生が後輩をバットで殴った事件のときは、実は力関係が逆で後輩らに先輩がいじめられててついに爆発したのが原因だったこともありましたね。。

・加害者と被害者にどういう事情が有ったとしても、全く関係のない人が巻き込まれた事は事実ですし、硫酸を顔にかける犯行自体も被害者にずっと苦痛を与えるような卑劣な犯行で有ることは間違いないので、しっかり全てを話して重い罰を受けるしかないでしょうね。

・コロンビアではアシッドアタック被害者の方の活動により懲役50年に法改正されたらしいです。日本も同じで良いと思います。

・背景はわからないが、仮に大学時代にいじめ等の酷い扱いをされていてその復讐だとしたら、後悔するのは被害者ではないかと思う。単なる逆恨みだとしたら出来る限りの重刑を望む。

・やはり怨恨。
事件として巻き添えをくらった女性もだし、近辺の方はこの数日怖かったと思います。早く確保されてよかった!
だけどここまでの恨みを持つ原因は何だったんだ?それを公表する事で更に怨みが晴らせるから「今は」と言ってるんじゃないかな。
動機がもし勘違い、被害妄想だったらどうするんだろう。

・この事件の動機を加害者は沈黙していますが、被害者の方にはわかるかもしれませんね。硫酸の痛みと同じくらいに自分にも痛みを感じたんだとわかってほしかったのか?そういうやり方は尋常じゃないっすね。逃走に大学生活を送った沖縄を選んだのにも深い意味を感じる。

被害者の方の怪我が良くなることを願っています。

・硫酸をかけられた彼、22歳両眼失明、顔の治療が半年、、、しかも治癒ではなくて移植なんですよ。一生光のない世界なんですよ!
このアシッドアタックを日本でやった場合の刑を重くできるように法改正してほしい。模倣犯でそうですから。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加