フジロック、フェス主催者が語る「コロナ禍でも開催が必要な理由」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新潟県湯沢町で8月20~22日に開催された野外音楽イベント「フジロック・フェスティバル」。感染状況が深刻さを極める中での開催には、批判的な意見も多く見られた。だがフジロックに限らず、コロナ禍においてフェス開催に踏み切ることには、当事者としても葛藤があるようだ。フェス主催者や参加者に「それでもフェスを必要とする理由」を聞いた。

「この状況下で開催をしたわけですから、批判を受けることは承知の上だと思います」

こう話すのは、音楽フェス「VIVA LA ROCK」(ビバラロック)をプロデュースする音楽ジャーナリストの鹿野敦氏だ。主催者かつ音楽評論家としての立場から、フェス開催について様々な思いを抱える一人だ。

「ですが、批判されるのが嫌だからといって、やめるようなものではありません。フェスに向けては、様々な準備を重ね、多方面の方々と協議をしています。(この取材を受けた)26日時点では感染者が出ていないですが、これで何事もなかったということが証明されれば、この先のエンタテインメント業界にとっては今後につながる、ものすごく意義のある事例になると思っています」

フジロックの後援には新潟県や湯沢町のほか、観光庁や環境省なども加わっていた。鹿野氏は音楽ジャーナリストとしての立場から、フェスと町との関わりを話す。

「フジロックは、単に苗場という場所を借りているだけではなく、町から招致を受け、湯沢町と一緒に作り上げてきたフェスでもあります。その町が、新型コロナの影響で観光客が激減する中で本当に困っている。そんな中、久しぶりに多くの客が集まるイベントをやろうとしている。町の人も、客を迎えるために率先してワクチンを打った上で、感染を出さないために自分たちが何をやるべきなのか考えた上で、フジロックをバックアップした。協議を重ねる中で、フジロックの主催者側はその思いに応えたいという考えも強かったはずです。人情の面だけではありません。これからのフジロックと町のためにはとても重要なことだったと思います。単なる音楽イベントではないのです」

フェスの中止が影響を与えるのは、アーティストや町民関係者だけではない。技術者などのスタッフも離れてしまうという。

続きを見る

・フジロックに行ってた友人がブルーインパルスを批判して、いくら金かかってるんだ、その金を医療に使ってほしいとLINEしてきて度肝を抜かれた。

批判される側は悪、批判する側こそ正義だという錯覚がたまにある。正義の立場でモノを言ってる人が増えたけど、心の底では自分が正しくないことをちゃんと知ってて、むしろその錯覚を利用しておかしな事いっぱい言うし、仕掛けてくる。世の中をおかしくする。

粛々と、誰の批判もせずに、自分ができること、やるべきではないことをしっかり見誤らずに生きていきたい。

・無観客で開催したのに
オリンピックは非科学的な批判をされていたけれど、
その非科学的な基準を適用すれば、
観客が踊って歌いまくるフェスなんて
やったらアカンでしょう。

使命感を持って開催しているらしいけど、
市中感染を広めているだけということを
主催者は自覚した方がいいでしょう。

・開催そのものよりも、TVで誰かが言っていたが、オリパラ開催を批判しておいて、フェスは開催、参加する歌手や観客に政府を批判する資格はない。

参加したり、開催するなら他の人の行動も寛容にならないと。大規模な催しでなくても、他人は批判して、自分はちょっとだけだからと行動してるヤフコメさんの割合はどれくらいいるんだろう。もちろん100守れてる人なんて、客観的に見たら皆無に等しいだろうし、私だって、他人から見たら出来てないだろう。
憂さ晴らしか知らんが、自分には関係ない事だったら平然と批判するだけで、うんざりする。
批判するにしても、風刺を利かせたり面白回答して和ごまして欲しいものだ。

・オリンピックも同じです。

オリンピックも4年以上、オリンピックだけを目標に一生頑張って来た人たちがいるし、多くはオリンピックがなければスポンサーの支援がなくなって選手としての活動が厳しい人も多かった。選手だけでなく、コーチ、スタッフ、みんな同じです。

それにオリンピックは国際的なイベント。日本人が考えている以上に大事なイベントです。

心配と言うから無観客に開催したのに、難癖しかつけなかった人たちが、甲子園、フジロック、プロ野球には賛成。全部賛成なら良いけど、オリンピックだけ反対するのは目的な見え透いて、何といえば良いのか。

オリンピック批判した人たちを、オリンピックにだけ反対した朝日が擁護する滑稽な記事。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加