メルカリで「しつこい値下げ交渉」が来なくなる「ちょっとしたコツ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
Google Developers Japan: メルカリ : TensorFlow Lite で、気付きにくい便利機能をユーザーに提唱

無茶な値下げ交渉をしてくる人もいる

 フリマアプリの「メルカリ」では、オークションとは違って提示されている価格ですぐに購入できる一方で、出品者に「値下げ」の依頼をすることができます。

【写真】メルカリでぜんぜん売れない商品を「人気商品」に変える「簡単なコツ」

 これは「値下げ交渉」と呼ばれていて、日常的に行われているユーザ同士のやりとりのひとつです。筆者も出品をすると値下げの依頼をされることが多く、基本的には値下げをして販売に結びつけています。

 値下げ交渉の幅としては、出品者の提示価格の1割程度が「相場」に感じますが、例えば当初の値段が3333円の場合には3000円にするなど、キリの良い数字に落ち着くこともあります。

 筆者の場合は、メルカリなどフリマアプリで値下げ交渉が来るのは当然のものとして値段設定をしていますが、「依頼が来たら必ず受けなければならないの?」「値下げ前提で来ないでほしい」「しつこい…」と感じたことのある利用者もたくさんいらっしゃるでしょう。

 もちろんそれは誤解で、値下げ交渉を断っても何ら問題はないのです。むしろ納得できない価格の依頼ならば、しっかりと断ることが大切です。そうしないと、なんだか値切られて終わってしまった……という印象が強くなります。

 また、しつこい・無作法な交渉を最初から持ちかけられないためにはどうすればいいのか。今回はそのテクニックを紹介しましょう。

 まず、継続してオトクにフリマアプリを使う以上は、自分の納得がいく値段で売ることが大前提になってくるので、それに見合わないならば断っていきましょう。

 断るときには「そこまでの値下げは考えていません」とはっきり伝えることが大事です。もし出品した時に売ってもいい価格を決めているならば、購入希望者に提示していくのも方法のひとつです。

プロフィールに書いておくべきこと
 たとえば2000円で販売している商品に対して「1500円に値下げしてください」と依頼がきた場合、値段に納得ができなかったら「1800円なら値下げ可能です」という具合にコメントをしていくのです。購入希望のユーザーがその値段で了承すれば、交渉が成立します。

 メルカリのユーザの多くは、値下げの幅を1割程度に抑えていて、出品者の気持ちを考えているのだと思います。一方で出品者が思わずムッとするような値下げ交渉があるのも事実です。

 たとえば、いきなり「半額にしてください」とコメントが来たことがあります。出品して間もないタイミングでしたし、そもそも半額にする気はこちらにはありません。

 メルカリには同じような出品物がたくさんあるので、他の出品物と価格を比較してくるユーザもいます。例えば自分が3000円で出品している商品と同じものが2500円で出品されていたら、「2500円で出品している人もいるのでその値段にしてください」とコメントしてくるケースもあります。商品の状態が全く同じではない以上値段も違ってきてしまうのですが、値段を軸に考えるとこのような交渉になってしまいます。

 ■具体的な価格を言わないユーザーは要注意

 筆者が何度か経験していて、最もムッとした値下げ交渉です。「値下げは可能ですか」とコメントがきたので、「可能です。2000円でどうでしょうか」と返事をしたところ、「考えます」と返事がきたのです。

 出品者からすると「だったら最初から金額を言え!」ということになります。結局そのようなコメントをするユーザは、その商品を買うことはほぼありません。

 不毛なやり取りになるので、筆者のプロフィール欄には「値下げ交渉には応じますが、具体的な金額を提示してください。提示しない場合には返答しません」と書いてあります。

続きを見る

・10000円で出品しているものを、「4000円で購入を検討しています。いかがでしょうか?」とのっけから当たり前のように「いかがでしょうか?」じゃねーよ!と思う。まだ売れないで残っているので、どうせい値下げするだろう、の様な人の足元みて喋ってくる輩がいますが、一言「無理ですね」で、終了

・出品最低価格の300円の商品に
手持ちが無いので200円にしてください
とコメントが来た事がある
ガイドを読んでルールを学んでからお買い物してほしい

子供がお小遣いで買いたいと言っているから半額にして
家族と縁を切られてお金が無いからまけて
病気で仕事に行けず貧乏だから安くして

とコメントが来たことも
いろいろな人がいますね

・値下げ交渉中に他の方が定価で購入してくださった時に、違う商品のコメ欄に「自分が購入してたから買った人にキャンセルしてもらってください。」ってゆうコメントが来たことが2回あります。
なんで値下げを食い下がるやつって図々しいんですかね?

・ジモティの話だけど、本体商品無料で直接渡しか、遠方なら送料は受取者負担と書いて出した。
若い女性と引渡しの話を進めていたら、
え?送料は私が出すんですか?って返事がきて私は虚をつかれた。
なんで私が送料出してまであんたにあげなきゃいけないんだと。世の中には常識が通じない人がいるもんです。

・売れた商品ページはガンガン削除している。

販売済みのページで値下げ交渉が成立している場合、この人は値下げ交渉応じる人だ。と傾向を踏まえた上で値下げ交渉をしてくるからだ。

そんなわけで、販売後2週間経つと商品ページが削除できるので消せるようになったら速攻消すのがおすすめ。

今ではほとんど即決で買って行かれる事が多くなって楽チンになった。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加