接種会場がパンク状態に→「若者はワクチンを打たないんじゃなくて、打てない」との声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京都が若い世代を対象に渋谷に設けた会場で新型コロナウイルスのワクチン接種が27日から始まりましたが、想定を大幅に超える人が訪れたため、開始時間の正午を待たず、午前7時半すぎに受け付けを終了しました。

接種会場が設けられたのは渋谷区神南にある「区立勤労福祉会館」で、対象となるのは16歳から39歳までの都内に住んでいるか、都内に通勤・通学している人です。
都は、住んでいる自治体から送られた接種券と、本人であることを証明するものがあれば、事前の予約なしで接種を受けられるとしていました。
1日あたり200人程度の接種が想定されていましたが、初日の27日は都が午前4時に確認した時点ですでに15人が並んでいて、7時半には300人に達したということです。
都は、急きょ、整理券を配って対応し、27日は想定より100人程度多い300人に接種することを決めたうえで、開始時間の正午を待たず、7時半すぎに受け付けを終了しました。
都の担当者は「接種をためらう若者が多いということだったので、ここまで並ぶとは想定できなかった」と話しています。
都は、28日以降は抽せんにすることを検討していて、システムを早急に構築するとしています。
この接種会場は10月8日まで運営される予定で、毎週月曜日と、9月12日、10月3日を除いて、毎日、正午から午後8時までです。

【接種を希望して訪れた人は】
整理券をもらえず、この日は接種ができない20代の女性は「日々、感染者が増えているので、早く打ちたかったのに残念です。あしたまた来ます」と話していました。
同じく、整理券がもらえなかった30代の女性は「せっかく来たが、1日200人くらいしか枠がないということなので枠を増やして欲しい。こんなにたくさんの人が来るのであればここも予約制にしたほうがいいのではないか」と話していました。
一方、整理券をもらえて接種する予定の姉妹は「コロナの収束にむけて一歩踏み出せたかなと思います。予約をしないで来ることができるのは時間を気にしなくていいのでよいと思います」と話していました。

続きを読む

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加