【IS IS】カブール空港周辺で米軍をターゲットとした自爆テロで死傷者多数の現状

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アフガニスタンの首都カブールの国際空港の周辺で26日、2回の爆発があった。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出し、米軍は少なくとも1回は自爆テロと指摘した。複数の米メディアによると、米兵13人を含む70人超が死亡したとみられる。米軍で中東地域を管轄するマッケンジー中央軍司令官によると、空港の入り口の一つである「アビー・ゲート」付近でIS戦闘員が自爆テロを行った。その後に別の複数の戦闘員が米兵やアフガン市民に対して銃撃した。米軍はアビー・ゲートで、国外退避を望む人々が空港に入る前に武器を所持していないかどうかを確認していた。もう一つの爆発はアビー・ゲートから数百メートルの距離にある「バロン・ホテル」で起きた。マッケンジー氏は手口について調査中だとした。バロン・ホテルは外国人の利用が多いとされる。米軍は19日、ヘリコプターを使って同ホテルから169人の米国人を空港に移動させていた。米中央軍は2回の爆発などで米兵13人が死亡、18人が負傷したと明らかにした。複数の米メディアによると、アフガン人は少なくとも60人が死亡。負傷者は200人を超えているとの報道がある。ロイター通信によるとISは26日、公式メディアを通じて犯行声明を出し「(イスラム主義組織)タリバン戦闘員を含む約60人を殺害、100人超を負傷させた」と主張した。マッケンジー氏は「ISによる攻撃が続くと想定している」と指摘し、追加攻撃に強い警戒感を示した。一方で米国人やアフガン人らの国外退避の支援は継続すると強調した。

続きを読む

ネットでは?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加