Amazon「転売サイトから買ったAmazonギフト券は使っちゃダメ、垢BANするよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
Amazon.co.jp: Amazon タブレット

ゲーム機や限定スニーカーなどの人気商品が転売されるなか、Amazonギフト券も転売されていることがあります。この転売されたAmazonギフト券に対して、Amazonは公式に「転売サイトからAmazonギフト券を買わないで下さい」と、注意喚起を出しました。

注意を呼びかけるページによると、Amazon.co.jpが承認していない購入サイトのギフト券は、転売もしくは不正に取得された可能性があるとのこと。また、これらのギフト券を使った場合、アカウント停止の措置も行っていくとしています。アカウントが止まるということは、Amazonでのお買いものはもちろんできないし、KindleやAlexaなどの関連サービスも使えなくなります。持っているKindle本も見れなくなる!

未承認サイトの一例もリストアップされているので、心当たりがある人は確認しつつ、これらのサイトからは他のギフト券の購入も控えた方が良いでしょう。

知らない人からもったAmazonギフト券は「要注意」に
…ただ、現状では第三者からもらったギフト券が転売サイト由来かどうかを確認する手段はないそうです。

つまり、気に入らない人に転売由来のAmazonギフト券を送りつけてその人のAmazonアカウントを停止させる悪意ある行いは、実行可能ということ。「なんか知らない人からアマギフもらった、ラッキー!」とか、そういうの一番危険!

すでにアカウントが停止されKindle蔵書をロストしてしまった人もいるようなので、転売サイトからのギフト券購入や、見知らぬ人(見知った人であっても)からもらったギフト券にはご注意を。第三者由来の確認は、Amazon側で何かしら対策してもらいたいですね。

続きを見る

・もしかしてAmazonレビューの問題も絡んでいるのかな?
中華系の製品で、良いレビュー書いたらお礼にギフト券とか、どこかでそんな話を見たような気がする。

・これ、詐欺や盗まれたクレジットカードで購入されたAmazonギフト券が格安で流通していて、
中華系の販売業者は「良レビュー」と引き換えにこのAmazonギフト券をばらまいてるってことだ。
だから出所のわからないAmazonギフト券を使うとそれが不正に入手したものの場合、詐欺グループの一員と判断されて1発アカウント停止となるらしい。

・ここ数年で相当ギフト券は厳しくなったと思う。
自分も今年に入って一発垢BAN食らうとは考えていなかった。
もうあれチャージ式か自前購入しか信用出来なくなった。

・規制するのはいいけど、そもそも「ギフト」なんだから人の手を渡ることは全然ありえるわけで、区別の基準だけははっきりしてほしい。

・知人からのメールタイプギフト券3000円分が没収されて「なんでやねん」と思った。

・いろんなサイトで、アンケートに答えたらアマゾンギフト券プレゼントとかやってる気がするがそれとの区別は?
実際やらない、やったら間違いでしたで済ます気満々なんだろうな。大手なんてそんなクズばっかりだ。

・友達がこのサイトでアマギフ買えば2割引きで買えるよって推してきたけどとんでもないリスクはらんでんじゃねーか!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加