自家製の出来立てうどんを低価格で提供することで有名な「丸亀製麺」が韓国から撤退へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

うどんチェーン「丸亀製麺」が今月、韓国のすべての店舗を閉め、事業から撤退しました。長引くコロナ禍で事業回復が見通せないことなどが理由だということです。「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングスによりますと、韓国国内の丸亀製麺の店舗は今月15日に営業を終え、事業から撤退しました。丸亀製麺は2012年に韓国に進出し、明洞(ミョンドン)や江南(カンナム)などに最大で12店舗を構えましたが、撤退時点では3店舗まで減らしていました。トリドールの広報によりますと、2019年7月以降、韓国で起きた日本製品の不買運動にともない売り上げが一時減少したものの、その後、回復。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で韓国での飲食店の営業制限が長引く中、売り上げが低迷し、回復の見通しが立たないことから、撤退を決断したということです。韓国では集まって飲食する人数や、夜の営業時間を制限する罰則をともなった厳しい感染対策が続いていて、日本企業もそのあおりを受けた形です。

続きを読む

ネットでは

・丸亀さんが韓国に進出したのはHPによると2012年
同年に韓国一号店を出店している模様昨日今日の進出ではないので、丸亀さんとして韓国を有望と見てそれなりに注力してきたのではないかと思われるしかし、一方で丸亀さんが進出しているのは韓国だけに限らず、アメリカ、中国、ベトナム、台湾、香港、、、などなど、多くの国に進出している
その中で撤退したのが韓国というコトは当然ながら丸亀さんとして何らかの意味があるのだろう
コロナでというコトになっているが、コロナで厳しい状況なのは韓国だけではない政治リスクもあるかも知れないが、韓国の経済状況、特に不動産バブルがこの判断に影響しているのではないか
不動産バブルでソウルでは賃料も高いと思われ、ただでさえ利益が出にくくなっているのだろう
そして、ウォン安が進み、物価も上がり、コストも膨れている
そこに来てコロナで客が来ない
八方塞がりという状況

・一風堂に続き、丸亀製麺も日韓の壁は越えられなかったか。
日本のチェーンで根付いたのはとんかつさぼてん、ココイチの2ブランドのみ。逆に韓国チェーンも日本進出にことごとく失敗しているところから考えても、水と油の隣国なんだとつくづく思い知らされる。

・出店場所が一等地ばかり。高額な賃料に見合う売上は確保できていなかったはず。
正直、韓国人にこのスタイルのうどん店は全く受けてませんでした。
不買運動やコロナ関係なく業績不振での撤退が事実でしょう。
だって、入ってなかったもん。撤退するには遅すぎるタイミングでしたね。

・リスクコントロールが上手な会社のイメージを持ちました。
現地法人との提携やFC契約があるとズブズブ泥沼になることも多いので。
中国韓国に限らず、日本企業はカントリーリスクを上手に管理してほしい。

・正しい判断だと思います。
うどんの味も素晴らしいが、
経営判断も素晴らしいな。
若いが世界で勝負できるわけだ。
早い段階で持ち帰りに力を入れた路線変更のスピードもすごかったよな。
変化に強い、
日本の食文化が変化に強くなると凄いことになりそうだ。

・向こうの丸亀は高いです、価格は日本より4割は高い、高級うどん店の雰囲気で、日本の大衆店とは対称的!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加