WHO「新型コロナの起源究明の機会を」中国「拒絶する」の繰り返しで怪しさがますます高まってくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新型コロナウイルス感染症の起源を糾明しているWHO(世界保健機関)の国際専門家グループは「調査作業がこれ以上遅れる場合、ウイルスの起源を糾明する機会が完全に閉ざされるかもしれない」と警告に乗り出した。
25日(現地時間)米インターネットメディア“アクシオス”によると、WHO調査団はこの日、国際学術誌“ネイチャー”の共同寄稿文を通じて「新型コロナがどのように出現したのかを糾明するにあたって、必要なさらなる科学作業を速やかに推進することを求める」とし「3月の報告書は、現在中断された手続きの最初の段階となるべきだった。重要な調査を遂行する機会の扉は急速に閉ざされていて、遅くなれば研究の一部は生物学的に全く不可能になるだろう」と訴えた。今回 共同寄稿した調査団は、WHOが新型コロナ起源調査のために昨年10月召集された国際的な専門家たちである。調査団は「昨年7月から中国政府が、WHOのさらなる調査を拒み遅延させている」と批判した。
このようなWHOの動きに、中国は強く反発している。中国は「1次調査ですでに明白な結論が出ているため、中国以外の全世界の様々な地域でさらなる調査を実施することが望ましい」と主張した。中国外務省は会見で「中国をスケープゴートにして、米国の行為を隠すことはできない」とし「米国が『新型コロナの武漢流出説が妥当な仮説だ』と主張するのなら、公平に自国の実験室も調査すべきだ」と主張した。

続きを読む

ネットでは?

・昨年10月の調査で何も成果を得られずやる気のない中国観光の物見遊山のような姿勢で幻滅した。多分中国からの接待づけで懐柔されたのだろう。あれからさらに時間が経過し、新たに中国から証拠を見つけだすのはほぼ不可能。WHOには世界は期待していない。

・食中毒などが起きた場合、すぐに調査をするのが普通。
1年以上たってから立ち入り調査をしても原因が分からないのは当たり前。
中国に忖度していたんだから、今頃「機会がなくなる」と言ってもね・・・・。

・中国の逃げ切りなんでしょうね
WHOの責任は非常に重大だと言うべきでしょう
WHOにソッポ向いていたトランプの責任も重大なんじゃないかな

・フォートデリック周辺でナゾの肺炎を調べてみたら、武漢よりも3ヶ月も前にコロナが発生していたという論文を調べてみようという気にならない方が不思議なんだが。

・警鐘を鳴らすならはやく動けよって思う
結局ペドロスは中国に買収されてるってことだ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加