米国は「ラーメン1杯2200円」が当たり前、日本はいつからこんな安い国に落ちぶれてしまったのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 今や先進国でも賃金の低い国になってしまった日本。ポップミュージシャンからジャズマンに大胆転身し、米国で活躍する大江千里氏は、「日本は賃金や物価が安くなるにつれ、保守的で閉鎖的な社会になっているんじゃないかな」と指摘する。『週刊ダイヤモンド』8月28日号の第1特集『安すぎ日本 沈む給料、買われる企業』に掲載した大江千里氏のインタビューの、ロングバージョンをお届けする。(聞き手、構成/ダイヤモンド編集部副編集長 杉本りうこ)

● 日本の驚異的な「安さ」は 働く人の我慢と犠牲が支えている

 日本と米国を行ったり来たりしていると、日本の物価の安さは「お手頃でうれしい」を通り過ぎて心配になるほどです。コンビニエンスストアでどっさり買い物をしても1000円にならないし、家賃も安い。

 日本には500円で買える「ワンコインランチ」という言葉がありますが、ニューヨークだと5ドルじゃサンドイッチ一つだって買えません。大人気のラーメンだったら1杯20ドル(約2200円)以上。替え玉やトッピングをして、ビールも飲むと50ドル(約5500円)です。

 だいたい、ワンコインランチって常軌を逸していると思います。500円のお弁当の背後には、おかずをせっせと詰めている人がいるわけです。その人たちはちゃんとした時給をもらえているんだろうか。心配になります。日本の物価の安さの裏側にあるのは、やっぱり賃金の問題じゃないでしょうか。

 日本で働く人は、企業に利用されちゃっている面がありませんか。本当ならもっとお給料をもらうべき仕事でも、文句を言わず我慢して、手も抜かずに働くでしょう?そこにある種の美しさはあるのですが、結果として経営者に安く使われている労働者が多いのでは。安い日本というのは、こういう我慢している人たちの犠牲の上に成り立っているのだと思います。

 これが米国だったら、給料が仕事に見合わないとなると、働く人はすぐ手を抜きます。口に出して「自分は犠牲になっている」って言います。そしてそんな仕事なんかさっさと辞めて、もっといいチャンスを見つけに行きます。

続きを見る

・確かに値段が安いのは消費者にとって良いことです。しかしながら、その背景には低賃金という問題があります。低賃金だからこそ、家族が持ちにくく、少子化が進んでいる面もあり、日本の閉そく感は結局のところ低賃金に起因していると言っても良いでしょう。最近、同じ製品や商品であっても海外に持っていくだけで値段が数倍というのは、ラーメン以外にも果物などでも聞かれる話です。また、最近、日本の住宅市場で木材不足(ウッドショック)が起きていますが、日本での販売価格が安いので海外の業者が日本に商品を持ってこなくなっていることも日本で深刻化する一因です。「働いた分だけ正当に値段を消費者から頂く」という、この当たり前を日本で

・「安いニッポン」問題はベストセラーになった書籍などもあり、注目されているテーマですが、本当に深刻な問題だと思います。日本人の給料はこの30年でわずかしか上がっていませんが、中国ではこの30年で約200倍にまで増え、大卒(文系)の初任給も日本に近づき、一部では16~18万円くらいにまで上がってきています。30代になれば、年功序列の日本を抜き、給料の差はもっと出ます。
日本では90年代からずっとこのような「時計の針が止まった」状態だったので、海外との物価や賃金の差がいかに開いているか「井の中の蛙」で気づかない人がおり、いまだに「中国やアジアは何でも安いでしょ」と思い込んでいる人がいて、本当に驚きます。この問題は労働者のモチベーションなど国内問題だけにとどまらず、企業の国際競争力や人材獲得、人材流出など、さまざまな問題を引き起こしており、本当に深刻だと思います。

・私も大江千里さんの意見に同意します。
NYの物価の高さに慣れていたつもりでしたが、先日スイスに行ってびっくり。NY以上に物価が高かった。
スイスでもNYでも、移民がタクシー運転や飲食などの分野で、一生懸命に働いてお金を稼ぎ、国に送金しています。
日本人も移民も、日本ではもはや稼げそうにありません。(このままでは)

・とあるニュース番組で、「日本のランチが安すぎる」というニュースのあと、山崎パンの「まるごとバナナ値上げ」をさも悪事であるかの様な声色で報じるあたり、日本人を苦しめているのはマスコミなのではないかと思いますね。「安さは正義」を突き詰めると、日本人は野菜も入っていない「すいとん」だけを食べて激務をこなす終戦直後の労働者の様な状況に逆戻りしてしまいかねない。消費行動からも考え直すべき問題でしょう。

・日本の特にサービス業の生産性の低さは深刻です。
価格に全然見合ってないんです。

物価や生産性はある程度政府がコントロールできます。
税率など税制で。
日本政府はなぜかデフレに仕向けた政策しかしません。

税金とは物価調整の手段であり、
財源確保の手段ではない、少なくとも自国通貨発行できる日本では。

・ネットには「外国人が日本を素晴らしいと言った」とか自画自賛的な記事が溢れ、それを読んで素直に「日本スゲー」とか思ってる人も結構いるみたいで、その危機感の無さが怖い。世界における日本の存在感はどんどん薄れてる。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加