あなたの街のセブンは対応してる?最短30分で届くセブン宅配が全国へ拡大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

セブン&アイ・ホールディングスが、インターネットで注文した商品を最短30分で宅配するコンビニエンスストア「セブン―イレブン」のサービスを、全国2万店規模に拡大する方針であることが23日、分かった。2025年ごろまでの実現を目指す。国内のコンビニ市場が頭打ちとなる中、新型コロナウイルス禍で急拡大するネット宅配を取り込む。同社は現在、コンビニのネット宅配を東京、北海道、広島の約550店で導入している。店頭の約3000品目が購入対象。店舗から半径約500メートルの範囲を対象に、専用サイトで税抜き1000円以上から注文を受け付けている。税込み330円の配送料が別途かかる。 

詳しくはコチラ

ネットでは

・さすが7-11。昨年、別の大手コンビニチェーンにDXの相談を持ちかけられた時、日本のコンビニの持つ強みは全国に5万店ある店舗網だから、食品販売のECのサプライチェーンを担えませんか?とアドバイスしたのが昨年初めだった。
セブンイレブンの店舗網を使えば、将来はセブンイレブンで扱わないスーパーの品揃えまで販売する可能性もあろう。これからのコンビニチェーンの大きな伸び代はこの宅配しかない。

・セブンイレブンではコロナ禍以前より「セブンミール」などの弁当や惣菜宅配などに注力して来た背景もあり、急激に増えたEC宅配のニーズにいち早く対応出来ているイメージです。また、日常の買い物がなかなかしづらい年輩客の方達のニーズも拾っています。

・日経新聞によれば、セブンは注文を受けた店舗で商品を袋詰めし、配送業者に委託する形になるようです。ここで重要になってくるのが配送をコントロールするAIの存在です。

・便利になるのはいいが、セブン本部はそれを決めたって、実際やるのは、セブン各店舗で、余計な仕事が増えて困るんじゃないのか?

・中の人です。愚痴らせて下さいどこまでいっても利益でないのでやりたくねーです…今あるミールサービスは配達協力金として一件につき120円でますが配達商品の利益が30%として人件費の損益分岐点が一件の利用料金が4000円なんです…しかも商品を準備して配達して渡して戻ってくるまでが30分という仮定で。本部マジでアホちゃうかって思います。

・普通にローソンみたいに配達はウーバーイーツとかに任せればいいだけだと思うけど。
ちゃんと配達を想定して各店舗で人員増やすなら良いけど、しかし人件費があがるからやる店舗は少ないだろうね。

・コンビニの店員ではないけど言わせてくれ。
それやる方は面倒な業務が増えるだけじゃない?
少し現場の身になって考えた?
導入店舗は社員とバイト両方に賃上げするならいいと思う。
ただでさえ最近のコンビニの業務は色々と複雑。

・現場では、身内にコロナ陽性者が出たりして出勤停止になったりしてギリギリで店回してるのに誰が配達するんやろ、負担しかない。うちの店今3名出勤停止なのに。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加