新型ハイパーカー 「ヘネシー・ヴェノムF5」登場、1817馬力で最高速500km/h以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

米国のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は8月19日、新型ハイパーカーのヘネシー『ヴェノム F5』(Hennessey Venom F5)が完売した、と発表した。

ヴェノム F5は、世界最速のロードカーを目指して開発されたハイパーカーだ。車名の「F5」とは、竜巻(トルネード)の規模を表す等級の最高ランク、F5に由来する。藤田スケールによると、F5レベルの竜巻の風速は、261~318mph(約420~512km/h)に達するという。

◆6.6リットルV8ツインターボをミッドシップに搭載

ヴェノムF5では、新開発の6.6リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを、ミッドシップに搭載した。このV8ユニットは、新設計の鋳鉄ブロックとアルミ製シリンダーヘッドを備える。エンジンは、アルミ、チタン、インコネルなどの金属から作られた精密部品で手作りされている。これらには、クランクシャフト、ピストン、バルブ、コネクティングロッドが含まれている。

独自のインテークマニホールドの設計により、プレナムとシリンダーヘッドの間にインタークーラーが配置され、充填された空気が燃焼室に入る前に、ターボからの空気温度を下げることが可能なったという。これにより、空気密度が高まり、パワー効率が引き上げられている。

最大出力は1817hp/8000rpm、最大トルクは165kgmを引き出す。トランスミッションはパドルシフト付き7速。カーボンファイバー製ボディを採用するなどして、車両重量は1360kgに抑えられた。動力性能は、0~100km/h加速が3秒以下、0~200km/h加速が5秒以下。最高速は500km/h以上を目標に掲げている。

◆5つのドライブモードが選択可能

カーボンセラミックブレーキ、鍛造アルミホイール、軽量のPenskeダンパーを使用して、ばね下重量を低く抑えた。パワートレインを車両の下部構造の奥深くに配置することで、重心を低く保つ。ヘネシー製のエンジンはドライサンプ方式で、クランクの高さを地面に対して低く保つことができるという。

5つのドライブモードとして、スポーツ、トラック、ドラッグ、ウェット、F5が用意された。これを切り替えることにより、車両の動力供給、トラクション、ブレーキ性能を変更できる。F5モードのみが、エンジンの最大パワーを発揮できる。

タイヤは、ミシュラン製「パイロットカップスポーツ2」だ。サイズは、フロントが265 /35R19、リアが345 /30R20を装着している。

◆戦闘機とF1マシンから着想を得たカーボン製ステアリングホイール

インテリアのデザインは、シンプルで無駄のないもの。戦闘機のコックピットをモチーフに設計されたこのスペースは、ドライバーの視認性を最大限に高めながら、気を散らすものを最小限に抑えるという。

バタフライドアを開くと、戦闘機の操縦桿とF1マシンのハンドルから着想を得たカーボンファイバー製ステアリングホイールが見える。グリップ部分は革で覆われ、その他の部分はカーボンファイバーとした。ステアリングホイールには、ライト、ワイパー、ウインカーのコントロールスイッチを配した。切り替え可能なモードダイヤルがあり、ドライバーはスポーツ、ウェット、ドラッグ、トラック、F5モードを切り替える。

ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は、ヴェノム F5を24台生産する計画だ。ベース価格は210万ドル(約2億3090万円)。米国カリフォルニア州で開催された「モントレー・カーウィーク2021」に、ヴェノムF5の市販モデル2台を展示し、24台が完売したと発表した。

なお、F5の生産はすでに開始されており、顧客への納車は2023年までに行う予定、としている。

続きを見る

・高速走るにしてもこの車はもったいない過ぎる性能で、レースをするコースが一番の所ではないか、しかしF1やインディで活躍するレーサーでいったいどのくらいまでスピードが出せるのか?コースや車のポテンシャルが関係するけど。
それとこういうとんでもない車でニュル走ったらどれほどのタイムになるのか計測して欲しいね!

・ヴェイロンやシロンは最高速アタックする際はタイヤは新品に交換前提としてますが450キロ以上で耐えうるタイヤあるんですね。
確かにチャレンジするなら新品にしないと怖いな。
たしか4本交換でタイヤ代120万するらしいが…

・地面を走るより 翼を付けて飛ぶほうが良いような気がする。
1200馬力の零戦よりパワーがあるんだから。

・スーパーカーが0-100km/h 2.8秒 最高速度325km/hとかなのに 0~200km/h加速が5秒以下。最高速は500km/h以上を目標に掲げている。
もはやスーパーカーとハイパーカーは別物のジャンルのようです。。。

・単独、オフセット衝突で人命が守れる速度までしか出せんように国際法で縛って欲しい

新しい高級の価値観が打ち出せないまま乱立する自動車メーカーは潰したほうが良い








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加