マスクNG強行公演で議論を呼んだ高円寺阿波踊りの主催者一転し、動画配信へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

1957年から地域活性化の一環で始まった東京高円寺阿波おどり。日本三大阿波踊りの一つで、2018年の観客数は93万人(主催者発表)だった。今年は「共に前へ、そして明日へ」を合言葉に2年ぶりの開催を目指していた。しかし、6月に街中を練り歩く屋外演舞ではなく、杉並区立杉並芸術会館(座・高円寺)での公演に切り替えると発表し、今回、8月公演(28、29日)を中止すると発表した。8月20日の協会役員会で最終協議した結果、「新型コロナウイルス感染症の爆発的な拡大および医療ひっ迫の状況」を踏まえて断念した。予定していた2公演「座・SAJIKI」「座・舞台」は動画収録し、後日配信するという。9月公演(25、26日)は開催予定だ。チケットの払い戻しは公式サイトで受け付ける。

続きを読む

ネットの声は?

・高円寺って結構都内でも道幅が狭くて密になりやすいから中止でよかったのかもしれない

・マスクの問題で世間から叩かれた結果か?

・伝統の継承も受け継ぐものがいなかったら意味がないよ

・結果として中止になって寂しいが仕方ない。

過去には

【関連】高円寺阿波踊り強行開催「マスクNG 」のルールに「危険すぎる」との声続出








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加